大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

もし指や爪で大人ニキビを潰してしまったら

ニキビができたら、指や爪で潰すのは厳禁。
無意識に掻いてしまったり、ついうっかり潰してしまったときは
すばやく応急処置をしておきましょう。

 

ここでほったらかしにしてしまうと、
治りにくくて目立つニキビ跡になってしまいます。

 

ポイントは、消毒と血行回復。
刺激の強いニキビ治療薬などは、かえって逆効果の場合もありますから気をつけましょう。

 

熱めのお湯で患部を洗う

 

ニキビを潰してしまったら、そのままにしないで
まず熱めのお湯でよく患部を洗いましょう。

 

潰したニキビは、膿や体液などでジュクジュクした状態。
ニキビ菌や雑菌が繁殖するのにはもってこいの状況です。
患部を刺激しないようにやさしく洗い流しましょう。

 

熱めのお湯で洗うのには、血行促進の効果もあります。
患部の血行がよくなると、ターンオーバー(新陳代謝)が進み
損なわれた皮膚組織の再生が速まります。

 

また、暖まった皮膚組織は膨張して盛り上がるので、
ちょうど陥没した穴を埋めてくれるような形になり、
凹凸跡のクレーターになりにくいのです。

 

洗った後はしっかり消毒

 

熱めのお湯で洗った後は、消毒液で殺菌を。
綿棒や脱脂綿に消毒液を含ませて、
ちょんちょんと触れさせる感じで塗ってください。

 

消毒液は、アルコール性のタイプはやめておいた方がいいと思います。
赤ちゃん用や敏感肌用のノンアルコール消毒液がオススメ。
とっさに手元に無いことも多いでしょうから、
ニキビが悪化しそうならあらかじめ買い置きしておくのがいいかもしれませんね。

 

保湿は丁寧に

 

消毒が済んだら、患部に水分補給をしてあげましょう。
脱脂綿などに化粧水を含ませて、
軽く押さえる感じでしっとりと染み込ませます。
手や指で塗るのは避けましょう。

 

この場合、肌にヒリヒリくる感じの化粧水は、
患部への刺激になってしまうこともあります。
ニキビ用の化粧水であればほとんど大丈夫ですが、
潰した傷跡にしみて痛いときは、やめておいた方がいいかもしれません。

 

最後は美容液でケアしておきます。
潰したことでむき出しになった皮膚組織をガードするつもりで、
いつもより厚めに塗っておきましょう。

 

潰してしまったニキビの応急処置は、とにかく早めのケアが肝心です。
ちょっと面倒でも、気づいたその時にケアしておきたいものですね。