大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビがある人は、界面活性剤入りの洗顔料は避けよう

大人ニキビができてしまったら、洗顔料選びにも気をつけましょう。

 

特に、界面活性剤が入った洗顔料を使用するときは
成分をよく調べて、お肌へのダメージがすくないものを使用するのがいいでしょう。

 

洗顔料は毎日使うもの。
間違った洗顔料を使っていると、お肌へのダメージは日々蓄積されてしまいます。
自分の症状とよく相談して、肌に合ったものを使いましょう。

 

界面活性剤とはどんなもの?

 

ニキビケアについてよく勉強している人なら、
「界面活性剤入りのものはニキビによくない」ということを
聞いたことがあるかもしれません。

 

では、界面活性剤とはどんな成分なのでしょうか?

 

洗顔クリームなどは、

 

  • 水溶性(水に溶けやすい)の成分
  • 油溶性(油に溶けやすい)の成分

 

の両方を、原材料として含んでいます。
ですが、水と油はそのままでは混ざり合わないもの。
これらが分離してしまわないように、
乳化(水と油の分子を繋ぐ)させるものが必要になります。

 

この乳化剤の役割を果たすのが、界面活性剤なのです。

 

界面活性剤が入っているもの、入っていないもの

 

界面活性剤は、洗浄剤の成分を混ぜ合わせる大事な役割があるので、
シャンプーやボディソープなどのほとんどに使用されています。

 

「石けんは界面活性剤を使っていない」と思っている人も多いですが、
石けんにもレシチンやサポニンなど、天然の界面活性剤が含まれます。

 

  • 洗浄に使用するもので、
  • 泡の立つもの

 

ならほぼ全て、界面活性剤入りだと思って間違いありません。

 

界面活性剤の全部がニキビに悪いわけではない

 

「それなら使える洗顔料なんて無いじゃない!」
と思ってしまうかもしれませんが、
界面活性剤が全部、お肌に良くないというワケではないので安心してください。

 

界面活性剤には、天然由来成分のものと、
工業的に合成された人工のものとがあります。

 

この合成界面活性剤は石油などを原料に作られていて、
肌が弱っている人にとっては悪影響になることもある、ということなんです。

 

化学的に合成された界面活性剤は、

 

 「〜〜硫酸」
 「〜〜グルタミン酸」
 「〜〜グリシン」

 

のような名前の成分が入っているので、パッケージの成分表を見れば分かります。

 

合成界面活性剤は泡立ちがよく、脱脂力も強いので洗浄効果は高い半面、
人によっては肌に合わずダメージを受けてしまうこともあります。

 

それほど過敏に気にしすぎる必要はないですが、
大人ニキビで悩んでいる場合は、できるだけ避けておくのがいいかもしれませんね。