大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビケアの基礎はズバリ「肌の保湿」!

「大人ニキビケアのために、何に一番気をつけたらいいの?」

 

ケアの方法や種類はいろいろありますが、
まず一番始めに気をつけておきたいのは「肌の保湿」です。

 

常に皮膚をしっとりと潤った状態に保っておくことで、
余分な皮脂の分泌を抑制し、正常で健康な角質を作ることにつながります。

 

特に、オイリー肌の人は保湿をおろそかにしてしまいがち。

 

「オイリー肌で、乾燥肌じゃないから」

 

と、ついつい皮脂の処理だけに気がいってしまって、
過剰なケアでお肌を乾燥させてしまうケースが多いのです。

 

オイリー肌の人もそうでない人も、
大人ニキビになったら、まずはお肌の保湿から始めてみてください。

 

お肌の保湿で皮脂の過剰分泌を抑える

 

人の皮膚には、乾燥から自分を守ろうとする自己防御機能(バリアー)があります。
皮脂を分泌させて角質を覆うことで、水分の蒸発を防ごうとしているのです。

 

オイリー傾向の人は、お肌の保湿不足が原因のことが少なくありません。

 

「ペタペタするのが嫌だから」
と、化粧水や美容液を薄めに使う人が多いのですが、
しっかり厚めのケアをすることで、
乾燥はもちろんオイリー肌の対処法にもなりますよ。

 

お肌の保湿で健康な角質をつくる

 

人間の皮膚は、日々生まれ変わっています。
新しい皮膚細胞を作り出して、古くなった角質を捨てていく、
というサイクルが、だいたい1ヶ月周期で起こっているのです。

 

この時に、お肌に水分が不足して乾燥している状態だと
新しい細胞がちゃんと成長しきらないまま、
未熟な状態で角質化して固まってしまいます。

 

こうなると、コラーゲンタンパク質などが十分に生成されず
お肌のハリが少ない、堅い皮膚になってしまうことが多いです。

 

柔らかさの足りない堅い皮膚は、
毛穴が詰まりやすく、大人ニキビを発症してしまいやすいもの。

 

健康な角質を作るために、保湿が大切なんです。

 

保湿のために必要なこと

 

化粧水の選び方

 

保湿のために使う化粧水は、「浸透力」を重視して選びましょう。
浸透力の弱い化粧水だと、どんなに肌にいい成分が入っていても
角質の奧にまで届かず、すぐ流れ落ちたり蒸発してしまいます。

 

成分をしっかり肌に留めるために、化粧水は浸透力の高いモノを。

 

ビタミンCも重要

 

ビタミンCは、お肌のターンオーバーや保湿に高い効果があります。
サプリメントなどで口から摂取するよりも、
直接、肌から吸収させることで効果は何倍にも。

 

美容液は、ビタミンC配合のものがオススメです。