大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ゴシゴシこするクレンジングシートは、ニキビの時にはNG

メイク落としにクレンジングシートを愛用している人も多いのではないでしょうか。
手軽にメイクを落とせるので、時間がないときには重宝しますよね。

 

ただ、ゴシゴシと拭き取るタイプのクレンジングシートは
ニキビケアのことを考えれば、あまりオススメできません。

 

どうしても肌をこすってしまう形になるので、
ニキビの突起を刺激して、傷付けてしまう可能性が高いのです。

 

大人ニキビの時は、拭き取るタイプのクレンジングシートは
避けた方がいいと思います。

 

肌にやさしいクレンジングシートなら大丈夫?

 

「肌にやさしい」タイプのクレンジングシートも各社から販売されていますが、
柔らかい素材を使っていても、拭き取るときにニキビの患部をこすってしまっては同じ事。
特に、炎症を起こしている赤ニキビの状態なら、絶対に避けたいところです。

 

肌にいい成分を配合している製品も多いですが、
それによるメリットよりも、
「こすって刺激してしまうデメリット」の方がずっと高いものです。

 

普段はとても便利なクレンジングシートですが、

 

  • 大人ニキビができている状態
  • 大人ニキビになりやすい人
  • 大人ニキビが治った直後(完治していない隠れニキビの可能性が高い)

 

などの状況では、使用を控えてみた方が良さそうです。

 

低刺激の洗顔料でゆっくりケアすれば、
クレンジングを使わなくともメイク汚れは十分に落とせます。

 

乾燥肌の人などは、蒸しタオルで毛穴をしっかり広げてから洗顔するのも
メイク落としには効果大ですよ。

 

成分表をしっかりチェック

 

クレンジングシートには、メイク汚れを落とすために
いろんな成分が染み込ませてあります。

 

基本的にはクレンジングクリームやクレンジングオイルなどと
同じ成分のことが多いのですが、
ときには保存性を高めるための酸化防止剤など添加物が入るものも。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌にうれしい成分の添加物もありますから
「いろいろ入っているからNG」とは一概には言えませんが、
工業的に合成されたものはお肌にマイナスになることも少なくありません。

 

「何が入っているかよく分からないけど、なんとなく使っている」
というような使い方は×。
常にニキビケアの意識を持って、成分表は使い始める前に要チェックですよ。