大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

汗を放置するとニキビの原因になるので注意しよう

汗をかいたまま放置してしまうと、
あせもやかぶれだけではなく、ニキビができる原因になります。

 

汗で濡れた状態の皮膚は、空気中の汚れや雑菌を集めやすい状態。
また、汗が分泌されるときは、一緒に多量の皮脂も排出されています。
皮脂が毛穴に詰まってしまうと、ニキビの原因になってしまいます。

 

汗の分泌量は、皮膚の場所によってかなりの差があります。
おでこや背中などは、人間のからだでも一番汗をかきやすい部分です。
その分、毛穴も大きく詰まりにくいのですが、
汗の量が多い夏などは、それでもやはりニキビが増えやすいもの。

 

こまめに汗の処理をして、ニキビの原因をシャットアウトしましょう。

 

いつもバッグにハンドタオルを

人間の皮膚から排出される汗には、
皮脂の他にも尿素と塩分などが含まれています。

 

汗が乾いて、これらの成分が皮膚に留まってしまうと
お肌への強い刺激になって、肌荒れやニキビを誘発します。
かいた汗はできるだけ早く、タオルなどで処理したいですね。

 

タオルでゴシゴシとこすってしまうのはNG。
出来たばかりの小さなニキビを刺激してしまう可能性もあります。

 

夏場の化粧品選び

 

汗をかきやすい夏場は、化粧品選びにも気をつけたいところ。
油脂分の多いファンデーションなどは、
できるだけ避けましょう。

 

また、UV対策でメイクを厚めにする人も多いですが、
夏場の過剰なメイクはリスキーです。

汗とメイクの成分が混ざり合って、紫外線で酸化した状態のモノが
毛穴に詰まってしまいます。

 

夏場の化粧品は、ノンオイルなど油脂の少ない製品を。
メイクも薄めに済ませた方がいいかもしれません。

 

紫外線対策は、帽子や日傘なども持ち歩くのがベスト。
UV対策をファンデーションに頼りすぎないように。

 

夏はノンコメドジェニックの化粧品がオススメ

 

「ノンコメドジェニック」の表記がある化粧品も、
汗をかきやすい夏場にはオススメです。

 

これは、コメド(角栓)が出来にくい成分で作られている、
ということを証明するもの。

 

アレルギーテストなどと同じように、
ノンコメドジェニックテストという試験を
きちんとパスした化粧品だけが付けられる表示です。

 

どうしても汗や皮脂がお肌に留まってしまう夏場は、
化粧品の成分もしっかり吟味して、
大人ニキビのリスクが少ないものを使いたいですね。