大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

赤ニキビのケア方法、治し方について

ニキビの患部が赤く腫れ上がってきたら、要注意です。
症状はかなり進行していて、すでに炎症を起こしてしまっている状態です。

 

これは赤ニキビ(医学的には丘疹)と呼ばれ、
もっとも症状が重い「黄ニキビ」の一歩前の状態となります。

 

この状態になると、メイクの下からでもかなり目立ってしまいますし、
赤く腫れて痛みをともなうので、苦痛もかなりのものだと思います。

 

ここちゃんと治しておかないと、皮膚の奥まで傷ついてしまい、
最終的にシミのような跡が残ってしまうのですぐにケアをはじめましょう。

 

赤ニキビの症状

 

ニキビの患部に、アクネ菌やそのほかの雑菌が繁殖してしまうと、
皮膚の細胞は、細菌の繁殖を止めようと攻撃を開始します。

 

この細胞と菌が戦っている状態が、炎症の原因であり、
赤ニキビと呼ばれる症状になります。

 

ニキビ患部もかなり腫れてくるため、常に空気にさらされている状態となり、
清潔に保つのがなかなか難しくなっています。

 

自然回復を待つのでは間に合わないので、
炎症を抑える成分を配合した化粧水などを使って早急なケアが必要です。

 

絶対にニキビを潰さないこと!

 

赤ニキビは、皮膚組織が炎症を起こして、いわば半分壊れかかっている状態。
この段階でニキビを潰してしまうと、皮膚の損傷がきちんと修復されずに、
ニキビ跡になって残ってしまう可能性が高いので要注意です。

 

赤ニキビの治し方

 

すばやく炎症を抑えることが大事

 

赤ニキビができてしまったら、抗炎症作用のある治療薬や化粧水を使って、
患部の炎症をすばやく抑える必要があります。

 

炎症が治まる前に刺激を与えてしまうと、
内部が膿んでしまい、黄ニキビへと進行してしまいます。
必ず刺激の少ない洗顔料をつかってください。

 

ビタミンCをたっぷり使って回復を早める

 

肌の回復を早めにためには、ターンオーバーを促進するビタミンCが必要です。
なるべく濃度が高いビタミンC美容液を、ニキビ患部に塗ってあげましょう。

 

ビタミンCは内服することもできますが、別の部位で消化されてしまうので、
ニキビ対策としてはあまり効果的ではありません。
化粧水や美容液など、肌に直接塗って補給するのが正解です。

 

赤ニキビのケアにおすすめの化粧品は?

 

赤ニキビの段階になってしまったら、
とにかく炎症を抑えて、症状の進行をくいとめることが最優先です。

 

そのために抗炎症作用のある成分や、
高濃度のビタミンCを補給することがもっとも効果的なので、
両方含まれるビーグレンの「大人ニキビケアセット」がおすすめです。

 

ニキビが発生する原因は、年齢や性別によって色々と分かれますが、
炎症を起こしてしまった後のケアは、基本的に誰でも同じです。

 

まずは今の症状が悪化しないことを第一に考えて、
ビーグレンのビタミンC美容液を使ってケアしましょう。

 

ビーグレンの詳細はこちら