大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

気になる耳の後ろのニオイ!大きな原因は皮脂だった

満員電車などの人ごみの中で、不快なニオイに悩まされたことはありませんか?ワキガなどの体臭が原因のこともありますが、実は耳の後ろのニオイが原因になっていることも多いです。

 

耳の後ろのニオイは自分では気がつきにくいため、知らず知らずのうちに他人に不愉快な思いをさせていることもあります。そんな耳の後ろのニオイの原因と対策について、詳しく見ていきましょう。

 

耳の後ろのニオイの原因

 

脂っぽいニオイやチーズくさいニオイを発する、耳の後ろ。その原因には様々なものがありますが、一番大きな原因は、実は皮脂です。このほか、年齢を重ねるとともに誰もが経験する加齢臭や、20代や30代の若者の耳の後ろの洗い忘れなどが原因で臭うこともあります。

 

それらの原因を、まずは確認していきましょう。

 

原因1. 耳の後ろの皮脂腺

耳の後ろは皮脂腺が多いため、皮脂の分泌が活発です。この皮脂が皮膚の常在菌によって分解される時に、強烈なニオイを発生します。皮脂は年齢を重ねるにつれて酸化しやすくなるので、耳の後ろからさらに強烈なニオイを発するようになります。

 

これは加齢臭と呼ばれ、完全に消すことはできません。また、30代〜40代に多い、加齢臭よりもさらに強い油っぽいニオイを発するミドル脂臭も、耳の後ろから発生していることが多いです。最近は食生活の乱れが原因で、若くても加齢臭が始まっている人が増えてきています。

 

原因2. 洗い忘れ

案外多いのが、お風呂で身体を洗う時に耳の後ろや周辺を洗い忘れることです。耳の後ろは、垢がたまりやすいところです。また、入浴によって耳や耳の中が濡れたまま放置しておくと、その湿気で雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因になります。

 

原因3. 耳の病気

中耳炎などの耳の病気が原因で、ニオイが発生する場合があります。あるいは耳掃除をし過ぎて耳の中が炎症を起こすと、しみ出してきた液体によりニオイが発生することがあります。

 

耳の後ろのニオイを確認する方法

 

耳の後ろのニオイは、自分ではなかなか気づくことができません。でも、ニオイが出ているかどうか確認する簡単な方法があります。入浴する前などの1日の終わりに、耳の後ろや耳たぶの下辺りを指でゴシゴシこすってニオイをかいでみてください。

 

脂っぽいニオイやチーズに似たニオイがしたら、すでに周囲の人たちに迷惑をかけてしまっているかもしれません。また、耳の後ろのニオイが発生している人は、枕もくさい可能性があります。これも気づくきっかけの一つになるでしょう。

 

耳の後ろのニオイ対策

 

加齢臭やミドル脂臭が原因の場合は、残念ながら耳の後ろのニオイを完全に消すことはできません。しかし正しい対策により、ニオイを軽減させることはできます。また、若い人たちは生活習慣を改めることで、臭わなくすることができます。

 

それでは、おすすめの6つの方法を具体的に紹介していきます。

 

対策1. 耳の後ろを清潔にする

皮脂の分泌が活発な耳と耳周辺を、お風呂できちんと洗いましょう。ゴシゴシこすらずに、石けんやボディシャンプーをしっかり泡立てて優しくマッサージするように洗うと効果的です。また、加齢臭やミドル脂臭専用の石けんやボディシャンプーを利用するのもおすすめです。

 

対策2. 耳掃除はほどほどに

耳の中の炎症がニオイの原因になっている場合は、耳掃除を注意して行いましょう。耳垢がたまるのは耳の入口から1cm付近までです。それ以上奥に耳かきを入れると、耳の中を傷つけてしまう恐れがあります。

 

耳かきは皮膚を傷つけやすいので、綿棒をベビーオイルなどで湿らせて使用すると良いでしょう。ただ、耳垢は新陳代謝によって自然に外へ出るので、必ずしも耳掃除をする必要はありません。

 

対策3. 食習慣を見直す

耳の後ろのニオイと食べ物って関係あるの?と思う人もいるでしょう。でも、脂質中心の食生活だと、ニオイの元になる脂を体内にため込むので、チーズのようなニオイを発生させやすくなります。

 

肉中心の脂っこい食事を減らし、魚や緑黄色野菜を多く摂り、体内に脂をため込まないようにしましょう。果物などに含まれるビタミンCには、皮脂の酸化を抑える抗酸化作用があるので、加齢臭やミドル脂臭を防ぐのに効果的です。

 

対策4. 適度な運動をする

あまり汗をかかない人は、かいた汗にアンモニアが多く含まれ、悪臭の原因になります。普段から適度な運動をすると、サラサラの臭わない汗が出るようになります。また、汗は時間が経つとニオイを発生させるので、汗をかいたらこまめに拭くように心がけましょう。

 

乾いたタオルを使うと汗を完全に拭き取ってしまい、乾燥した皮膚を潤そうと再び汗をかくため、濡れたタオルやハンカチを使うようにしましょう。

 

対策5. 加齢臭対策にはサプリメントも効果的

ニオイの原因が加齢臭の場合は、最近流行のサプリメントがおすすめです。ポリフェノールを中心とした成分が加齢臭を減らしてくれます。このほか、20種類以上の植物エキスを配合したものなど種類が豊富です。

 

価格帯は2,000円〜10,000円と幅広いので、無理せず続けられる自分に合ったものを選ぶことが大切です。サプリメントの効果には個人差がありますが、早いと飲み始めてから3日でその効果を実感する人もいます。

 

対策6. 即効性のあるデオドラントクリーム

気になる耳の後ろのニオイを速攻で改善したい場合は、デオドラント商品を使うのがおすすめです。耳の後ろは制汗スプレーというわけにはいかないので、デオドラントクリームが良いでしょう。

 

香りで耳の後ろのニオイをごまかすのではなく、薬用成分の殺菌効果がニオイの原因菌に働くので、ニオイをブロックすることができます。しかし、耳の後ろを清潔にしないまま、このようなクリームを塗るだけでは効果はありません。ニオイとデオドラントクリームの香りが混じると、逆に悪臭になってしまいます。

 

 

このように耳の後ろのニオイは正しくケアしていけば、軽減することができます。まずは自分の耳の後ろのニオイを確認し、ニオイがある場合には自分に合った対策を行ってみましょう。