大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

季節の変わり目は要注意!季節ごとの保湿のポイント

春先から秋にかけての花粉や紫外線、夏場や冬場のエアコンによる乾燥など、季節によって肌トラブルの原因は異なります。そのため季節ごとに、外側から受けるストレスに合わせたスキンケアが必要になってきます。

 

特に、日によって寒暖差のある季節の変わり目は、肌の状態が急激に変わるので注意が必要です。それぞれの季節に合ったお手入れや保湿のポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

春に起こりがちな肌トラブル

 

春先は1日の中でも日によっても気温差が大きくなるので、肌が不安定になり、ダメージを受けやすくなります。特に気温が低い日は、皮脂の分泌が不十分で乾燥しがちです。

 

また、黄砂などのホコリ、花粉、紫外線なども寒暖の差と同様に、肌への刺激になり、肌荒れなどのトラブルを起こす原因になります。これらの外的要因に加え、春の入学、進学、就職などの急激な環境変化が内的要因になります。

 

慣れない環境で感じる不安から体調が優れなかったり、精神的に不安定になったりすることも…。これらのストレスは肌のターンオーバーを乱すため、肌トラブルを起こしやすくします。

 

春の保湿のポイント

 

乾燥しがちな冬にはしっかり保湿をしても、暖かくなると十分に肌は潤っているように思い、つい保湿がおろそかになりがちです。でも春の保湿は、冬場と同じくらいにとても大切です。

 

ポイント1. 化粧水は保湿力の高いものを使う

だんだん暖かくなってくると化粧水などをサッパリタイプに変える人もいますが、春先はまだ気温差が激しいので、冬に使用していたものと同じくらいの保湿力があるものを選びましょう。

 

洗顔後はたっぷりの化粧水をつけてから、肌の水分を蒸発させないようにクリームなどでフタをします。それでも乾燥が気になる人は、クリームをオイル系のものにしてみると良いでしょう。

 

ポイント2. ホットタオルで浸透力アップ

寒い冬を過ごした肌は、角質がたまってゴワゴワになりがちで、化粧水がうまく浸透してくれません。そんな時にはホットタオルがおすすめです。化粧水を普段通りにつけた後、ホットタオルを顔に当てて、そのまま冷めるまで待つだけです。

 

この時、ホットタオルが熱過ぎないか、腕の内側やあごで確認してから顔に当てましょう。ホットタオルの後に普段通りに美容液や保湿クリームを丁寧につけると、肌は水分を十分に含んで確実にツヤがアップします。簡単なので一度試してみてくださいね。

 

夏に起こりがちな肌トラブル

 

夏の強い紫外線は肌にダメージを与え、肌のターンオーバー機能を低下させます。すると水分保持力が弱まって肌が乾燥します。このほかエアコンの使用によっても、肌は乾燥しやすい状態になっています。

 

夏になると汗をかくうえ皮脂も出やすいので、肌は潤っていると勘違いしてしまいがちですが、実はこのような乾燥による肌トラブルが潜んでいます。

 

夏の保湿のポイント

 

夏は化粧水がべたつくのがイヤで、化粧水の量を減らしたり、保湿クリームをつけずにスキンケアを終わらせたりしていませんか?夏のスキンケアを適当にしていると、秋になってから急激に肌の衰えを感じるようになってしまいます。毎日続けられる夏場の保湿のポイントを見ていきましょう。

 

ポイント1. 化粧水は適量、冷やすのもOK

化粧水は減らさずに適量をつけましょう。また、化粧水をつけた後に、両手の平で肌の表面をプレスすると、化粧水を奥まで浸透させることができます。

 

この季節なら、収れん効果のある化粧水や、冷蔵庫で冷やした化粧水を使用するのも良いでしょう。ひんやりと心地良いので、スキンケアの時間が楽しみになるはずです。

 

ポイント2. 乳液→化粧水の順で浸透力アップ

乳液をつけた後に化粧水をつけてみましょう。先に乳液をつけると肌が柔らかくなるので、化粧水の浸透力がアップします。また、時間がある時には温冷タオルを使ったケアもおすすめです。

 

最初にホットタオルを、その次に冷たくしたタオルを顔全体にあてます。汗をかくのを抑え、肌の保湿力を高める効果があります。

 

秋に起こりがちな肌トラブル

 

秋は、夏の肌の疲れが一気に出る季節です。肌がゴワゴワしている、乾燥を感じる、化粧のりが悪くなった、なんとなくくすんでいる感じがする…などの症状は、夏に受けたダメージが原因です。

 

夏の肌の疲れを残したまま冬に突入すると、さらに過酷な肌環境になります。それにより老化現象が急激に現れることもよくあります。

 

秋の保湿のポイント

 

秋のスキンケアも、保湿が大きなポイントになります。ただし、ゴワゴワ、カサカサした肌に化粧水は浸透しにくいのが問題です。そこで、化粧水を浸透しやすい肌にするための2つのポイントを紹介します。

 

ポイント1. クレンジングはしっかりと

クレンジングで、肌に付着している汚れや古くなった角質を落としましょう。そうすると、肌のターンオーバー機能が正常に戻ります。ただし、洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで全部落としてしまい、肌のバリア機能が低下する原因になります。クレンジング剤や洗顔料は、肌にやさしいものを選びましょう。

 

ポイント2. 化粧水とクリームなどで水分と油分を補給する

洗顔後には、化粧水とクリームなどでしっかりと保湿をしましょう。肌の潤いを高めるためには、ホットタオルを使う方法も効果的です。化粧水をつけた後にホットタオルを顔にあてて、タオルが冷めるまで3分ほど放置しましょう。毛穴が開くので、化粧水をより奥まで浸透させることができます。

 

冬に起こりがちな肌トラブル

 

気温が下がり空気が乾燥する冬は、肌にとって過酷な季節です。それに加え、寒さ対策用のエアコンが肌の乾燥をさらに招きます。乾燥しすぎると、肌の表面が粉をふいたようになったり、かゆみが出てきたりします。さらにシワやシミの原因にもなります。

 

冬の保湿のポイント

 

乾燥を進めないためには、秋と同じように、肌にやさしいタイプのクレンジング剤や洗顔料で肌の汚れや古い角質をきちんと落とし、化粧水の浸透力を高めることが基本です。そのうえで、次のことにも気をつけましょう。

 

ポイント1. 食生活を見直す

食生活もポイントです。肌はタンパク質からできているので、良質のタンパク質や野菜を十分に摂りましょう。特に大豆製品や緑黄色野菜は、乾燥を防ぎ美肌をつくるのにとても効果的です。

 

緑黄色野菜は、油と相性が良く吸収率が高まるので、オリーブオイルなどで炒めたり、ドレッシングとしてかけたりすると良いでしょう。

 

ポイント2. 紫外線対策も忘れずに

冬でも紫外線は降りそそいでいます。特にスキーやスノーボードは、太陽からと雪面の反射によって、あっという間に日焼けや紫外線のダメージを受けてしまいます。肌の乾燥を防ぐためにも、日焼け止めをこまめに塗りましょう。また、普段の生活でも紫外線対策を怠らないようにすることが大切です。

 

 

このように季節に応じたお手入れを続けることが、美肌への近道です。潤った肌を年中手に入れるためにも、季節ごとの保湿のポイントを常に意識するようにしましょう。