大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

常在菌は誰にでもあるもので、悪い菌ではない

わたしたちが生活している空気中には、
目に見えない細菌やウイルスなどもたくさん存在しています。
当然、皮膚にもそれらが付着していて、
中には皮膚を住みかにしているようなタイプのものもいます。

 

細菌やウイルスの全てが、体に悪いものではありません。
健康な状態であれば、ほとんど悪影響は受けないのが普通です。

 

アクネ菌(ニキビ菌)も、そんな細菌の一種。
普段から皮膚に存在しているので、常在菌と呼ばれています。

 

皮膚の状態が正常であれば、
アクネ菌が異常繁殖してニキビになることはありません。

 

なので、大人ニキビができてしまうときは、
アクネ菌そのものよりもむしろ、わたしたちの体の方に
原因があると考えた方がいいかもしれませんね。

 

常在菌は悪者ではない?

 

常在菌は、決して人体にとって悪いものではありません。
また、常在菌を皮膚から根絶しようとしても、無理な話ですね。

 

  • 生活習慣の改善
  • 食事バランス
  • 皮膚を清潔に保つ

 

これらのことに気をつけていれば、
アクネ菌などが皮膚に悪影響をもたらすことは少ないのです。

 

アクネ菌を殺菌して駆除する必要があるのは、
大人ニキビが悪化して炎症や化膿などの症状が出たとき。

 

ニキビの症状がない人の場合は、
皮膚に常在菌がいるのは当然のことなので、
神経質に気にしすぎる必要は、まったくありません。

 

強すぎる薬は逆効果になることも?

 

大人ニキビの症状が悪化し始めたら、
重症になる前にニキビ治療薬を使って、
繁殖しすぎたアクネ菌などの常在菌を殺菌する必要が出てきます。

 

ですが、この場合も、
殺菌力の高すぎる薬を長期にわたって使用すると、
皮膚が細菌に対する抵抗力をなくしてしまい、
ニキビやその他の皮膚疾患が悪化してしまう可能性があるのです。

 

  • ステロイド剤
  • 抗生物質

 

などの第1類医薬品(市販されていない)に分類されるものは、
非常に効果が強く、医師の診断なしに使用するのは厳禁です。

 

また、フォトダイナミックセラピー(PDT)などのニキビ治療法も
アクネ菌を死滅させる効果が高いため、
人によってはやはり逆効果になってしまうケースもあります。

 

強力な治療法は、その分副作用も大きい諸刃の剣。
自分の症状を確認しながら、慎重に利用することが肝心です。