大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビと遺伝の関係

ニキビは遺伝するのか、それともしないのか?
本当のところはどうなのでしょう?

 

 「自分がニキビ体質だから、子供に遺伝するんじゃないかと心配だ」
 「ニキビで悩んでいたら、親も昔ニキビがひどかったと知ってショック」
 「遺伝したニキビだから、治らないんじゃないだろうか」

 

など、ニキビと遺伝の関係を心配されている人は
意外に多いのではないでしょうか。

 

結論から言えば、
「半分は関係あるけれど、半分は無関係」
といったところが一番正解に近いようなのです。

 

ニキビは先天的疾患ではない

 

ニキビという疾患は、
毛穴や皮脂腺の脂肪分に対して、アクネ菌という細菌が繁殖して起こるもの。

 

これは、遺伝による先天的疾患ではありません。

 

細菌や皮膚の状態が引き起こす病気であって、
遺伝子が関係する余地はどこにもありません。

 

ニキビは遺伝子によって起こるものではないし、
遺伝もしないということは、はっきり言えるでしょう。

 

「ニキビになりやすい原因」は遺伝するものがある

 

同じニキビケアや治療をしていても、
ニキビになりやすい人と、なりにくい人がいます。

 

大人ニキビの原因は、いろいろな要因が複雑に関係しているので
簡単に「あなたのニキビの原因はコレ!」と決められるものではないですが、
ニキビになりやすい人には、なりやすいだけの理由があるはずですね。

 

人よりニキビになりやすい=毛穴にアクネ菌が繁殖しやすい、という場合、
いくつかの理由が考えられます。

 

  • 皮脂の分泌量が人より多い
  • 毛穴がもともと小さく、詰まりやすい
  • 基礎的な代謝機能があまり高くない

 

こうした体質については、
遺伝によって親から子へ引き継がれるものもあります。

 

つまり「人よりニキビになりやすい体質」は、
遺伝する可能性がある、と言っていいかもしれませんね。

 

生活習慣は後天的に「遺伝」する?

 

ニキビの原因は生活習慣による部分も大きいもの。

 

  • 脂っこい食事が多い
  • 夜更かしの習慣がある
  • 日常的にあまり運動をしない

 

こうした生活習慣は、家族ならどうしても似てしまう可能性が高いですね。
小さい頃からの生活習慣は、
無意識に両親や家族の習慣を真似してしまっているはずです。

 

身体的なものではないですが、後天的に「遺伝」していると言えるでしょう。

 

結論:遺伝は気にする必要はない?

 

結局のところ、ニキビの治療のためには、
日頃のこまめなケアや、生活習慣の改善が一番有効な方法です。

 

遺伝による体質の違いも、少しは関係してくるかもしれません。
ですが、それを気にするよりも、
正しいケア方法を身につけて、毎日きちんと続けることの方が何倍も効果的ですよ!