大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

中学生が気をつけたい思春期ニキビ対策のポイント

中学生になると、ほとんどの人たちは思春期ニキビができ始めます。ポツポツとニキビが現れ始めると、とても気になってついつい触ってしまい、悪化させることもあるでしょう。そこで、中学生のニキビ対策のポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

思春期ニキビの原因

なぜ中学生になると、思春期ニキビができ始めるのでしょうか?中学生などの思春期には、成長ホルモンがたくさん分泌されます。そのため、身長が大きく伸びたり、男性らしい女性らしい身体になったりするなど、子供から大人に向けた変化が見られるようになります。

 

しかしこの成長ホルモンがたくさん分泌されると、皮脂腺が刺激されるため、皮脂の分泌も活発になります。この皮脂が毛穴にたくさん溜まると、「アクネ菌」が侵入し、増殖することによってニキビをつくります。さらに中学生特有の原因として、以下のような外的要因と内的要因も考えられます。

 

外的要因とは?

中学生になると、部活動などで汗をかく機会がグッと増えます。運動してかいた汗はサラッとしているので、それ自体がニキビの要因になることはありません。汗は毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流してくれるので、ニキビ予防には良いとされています。

 

しかし、かいた汗をそのままにしておくと、周囲のほこりなどを吸着してしまいます。そのまま汗が乾くと、肌に吸着したほこりなどが毛穴をふさいでしまい、ニキビの要因になります。特に、野球部やサッカー部の人などは、汗をかいた時、土ぼこりで汚れた袖などで汗を拭くことがあります。

 

これによって、毛穴の詰まりがより深刻になってしまいます。また、紫外線もニキビを招きます。紫外線を大量に浴びると、ニキビを悪化させるポルフィリンや活性酸素が発生するので、ニキビの炎症が悪化します。

 

内的要因とは?

思春期のデリケートな時期は、勉強や友達関係、部活動などで悩むことが多く、ストレスを抱えがちです。それに加え、それまでツルツルだった肌にポツポツとニキビができ始めると、とても気になり、それもさらなるストレスになる場合があります。

 

ストレスにも成長ホルモンと同じように、皮脂の分泌を活発にさせる働きがあります。そのためストレスが溜まると、ニキビが増えたり悪化したりします。

 

中学生の思春期ニキビ対策

思春期にニキビができることは、ある意味自然なことです。正しい対策のポイントを知って、ニキビを改善したり悪化を防いだりしましょう。

 

ポイント1. 汗対策

運動で汗をかくこと自体は、悪いことではありません。問題は、汗をかいた直後のケアです。鉄則は、「汗をかいた後はそのままにしておかない」ということ。汗はすぐに清潔なタオルで拭きとることが、何よりも重要です。

 

肌がベタつく場合は、洗顔したりシャワーを浴びたりして肌を清潔に保ちましょう。これは運動後に限らず、日常生活でも同じことです。

 

また、汗をかくと体内の水分も排出されるので、肌が乾燥しがちです。乾燥を感じる場合は、洗顔後に化粧水や乳液などで肌の保湿をすることをおすすめします。部活動の後によく洗顔をする人は、1本で洗顔と保湿ができる商品を利用するのも良いでしょう。

 

ポイント2. 紫外線対策

サッカーや野球など外で部活動をする人は、紫外線対策を特にしっかりすることが大切です。部活動の時に日傘をさすわけにはいかないので、日焼け止めを入念に塗りましょう。

 

日焼け止めによく使用されている紫外線吸収剤やシリコンは、皮膚がかぶれたり湿疹が起きたりする懸念があります。気になる人は、これらの成分が入っていないものを選ぶと良いでしょう。塗る時は、次の5点に気をつけましょう。

  • 日焼け止め効果が強すぎるとかえって肌に負担となるので、SPF20、PA++程度の表示のものを使用する
  • 塗りむらがあると効果が落ちるため、まんべんなく塗る
  • 汗をかくと日焼け止めも落ちるので、2〜3時間ごとにこまめに塗り直す
  • 日焼け止めは肌の表面に塗る。肌にゴシゴシと擦り込んで塗ると、肌の奥まで成分が入り込み、洗顔でも落ちにくくなってしまう
  • 日焼け止めは塗りっぱなしにせず、必ず洗顔料などで洗い流す。日焼け止め成分がいつまでも残ると肌にとって刺激になり、ニキビが悪化する恐れがある

 

ポイント3. ストレス対策

ストレスは「溜めないようにしましょう」と言われて解決するほど、簡単なものではありません。でも悩みを一人で抱えこまないことは、とても大切です。友達でも親でも、先生でも誰でもいいので、自分の悩みを話せる相手を見つけましょう。

 

親の立場では、この時期の子供とコミュニケーションをとることは難しいと感じるかもしれません。しかし、「何かあったらいつでも言ってね。私はあなたの味方だからできることは何でもするよ」などと伝えることで、本人はとても安心するものです。

 

また、自分の趣味や好きなことをして、気分転換をする時間を過ごすことも、ストレス発散に良いでしょう。

 

 

思春期ニキビは、思春期になれば誰もが経験するものです。でも大丈夫!紹介したようなちょっとしたポイントを知って対策していけば、改善したり予防したりすることができます。今日からできる対策を始めて、楽しい学校生活を送りましょう。