大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

中高生が悩む思春期ニキビの治し方!Tゾーンの洗顔がポイント

ファンデーションがすぐヨレたり、ノリが悪かったりした経験はありませんか?そうなると肌をキレイに見せるどころか、逆に汚く見えて残念な結果になってしまいます。

 

友達と同じファンデーションを使っているのに、なんで自分だけこうなんだろう…と疑問に思っているあなた!それは過剰な皮脂が関係しています。ここでは、ファンデーションと皮脂の関係性や皮脂の役割、ノリをアップさせるメイク方法を紹介します。

 

ファンデーションのノリが悪いのは、過剰な皮脂が原因?

 

ファンデーションを塗ったばかりの肌は、ファンデーションが肌に密着してとてもキレイに肌を見せてくれます。でもなぜ、時間が経つにつれてファンデーションのノリが悪くなったり、ヨレたり浮いたりしてしまうのでしょうか?

 

原因は、過剰に分泌された皮脂です。皮脂がなぜファンデーションを崩してしまうのか、その理由を詳しく見てみましょう。

 

理由1. 肌とファンデーションの密着力

ファンデーションは通常肌の上に乗せて肌と密着させます。しかし皮脂が過剰になると、肌とファンデーションの間には厚い皮脂膜が発生し、密着できなくなります。

 

シールに例えてみます。新しい粘着力のあるシールは、ピタッとキレイに貼ることができますよね。しかし、何度も貼ったり剥がしたりして汚れなどが付くと、シールは粘着力がなくなり貼ることができません。

 

このように肌とファンデーションも密着する力がなくなると、ヨレたり浮いたりする原因になります。

 

理由2. ファンデーションが滑る

皮脂は脂です。皮脂が過剰になると、肌の表面はつるつると滑ってしまいます。サラダ油を引いたフライパンと引かないフライパンに卵を割り入れてみるとどうでしょう。サラダ油を引いた方はフライパンの上を卵がつるつると移動しますが、引かない方はフライパンに卵がくっつきます。

 

これと同じで、過剰な皮脂が分泌されている肌にどんなに高級なファンデーションをつけても、ファンデーションが滑って肌につきません。これが化粧ノリの悪さへとつながります。

 

そもそも皮脂の役割は?

 

ファンデーションが崩れるしニキビの原因にもなるし、皮脂なんていらない!と思う人も多いでしょう。しかし、皮脂は決して邪魔ものではありません。皮脂は過剰にならない限り、私たちの肌を守ってくれる働きがあります。

 

役割1. バリア機能を高める

肌の表面に薄い皮脂膜があることによって、紫外線などの刺激から肌を守るバリア機能が高まります。この薄い皮脂膜がないと、紫外線は肌内部へ直接侵入し、美肌に必要なヒアルロン酸やコラーゲンをこわしてしまいます。

 

役割2. 肌内部の水分の蒸発を防ぐ

肌内部の水分の蒸発を防ぐために、薄い皮脂膜はラップのような働きをします。これにより、肌の潤いが保たれます。

 

皮脂を過剰に分泌させないためのポイント

 

このように皮脂は肌にとって大切な役割を果たしていますが、過剰に分泌させないためにはどうしたら良いのでしょうか?日頃からできる、4つのポイントを紹介します。

 

ポイント1. 洗顔後は水で毛穴を引き締めて

洗顔はぬるま湯を使って行いましょう。ぬるま湯で洗うと毛穴が開くので、毛穴の中まで洗浄することができます。そして皮脂の過剰分泌を防ぐために、洗顔後は開いた毛穴を水でキュッと引き締めましょう。

 

ポイント2. ミストを持ち歩く

日中の紫外線は肌から水分を奪うため、肌は乾燥しがちです。乾燥すると、肌に潤いを与えようと皮脂腺が活発に働くので、皮脂の分泌が過剰になります。そこで、日頃からミストを持ち歩くことをおすすめします。常に肌に潤いを補給できるため、皮脂腺が活発に働くことを防ぐことができます。

 

ポイント3. 睡眠時間をたっぷりと

睡眠時間が少ないと、交感神経の働きが優位になります。すると、皮脂の分泌を過剰にする男性ホルモンが、たくさん分泌されるようになります。早寝早起きを心がけて、睡眠時間をたっぷり確保しましょう。

 

ポイント4. 脂質や糖質の摂り過ぎはNG

チョコやナッツ類を食べ過ぎた後、なんとなくニキビが増えていることってありませんか?これは、チョコやナッツ類に含まれる脂質や糖質が、皮脂の分泌を過剰にしているからです。脂質は体内に蓄積されると中性脂肪になります。

 

そして、その脂が毛穴から脂が分泌されるので、皮脂の過剰分泌につながります。また糖質は、体内でブドウ糖に変化するときに、皮脂の分泌を抑えるビタミンを消費します。そのため、摂り過ぎると皮脂の分泌が増やしやすくなります。これらを防ぐために、脂質や糖質を摂り過ぎず、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

 

このように、皮脂の量は日頃の生活を見直すことで改善できます。さっそく今日から試して、メイクのノリやもちをアップさせましょう!