大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

思春期にはニキビがなかったのに、大人になってからできるのはなぜ?

「思春期には全然ニキビができなかったのに、
 大人になってから急にニキビができるようになってしまった。
 こんなことってあるんですか?」

 

思春期のニキビと大人ニキビとでは、
ニキビに至るまでの原因が大きく違っています。

 

思春期ニキビには悩まされたけど、大人になってできなくなった人もいるし、
残念ながらその逆のパターンも、決して少なくはないのです。

 

いつ、どんな原因でニキビができるか? ということは
花粉症などと一緒で、どんなお医者さんでも予測できないもの。

 

いつニキビができても素早く対処できるように、
毎日の予防ケアだけは、手を抜きたくないところですね。

 

大人ニキビは思春期ニキビとは別物?

 

大人ニキビと思春期ニキビ、
どちらも医学的には「尋常性ざ瘡」という同一の症状です。
ですが、発症するまでのメカニズムには、だいぶ違いがあるもの。

 

「思春期にはまったくできなかったのに、なんで???」
と困惑してしまう人もいるかもしれませんが、
こうしたケースはよくあることなんです。

 

一説によると、大人ニキビがある人の半数近くは、
思春期時代には無かったというデータもあるくらいです。

 

「自分がニキビになりやすいかどうか」は、
思春期の状態だけで判断することは難しいと思います。

 

それまでなんともなかったのに、
40歳を過ぎてから初めてニキビになった、という女性もいるくらいですから、
「わたしは大丈夫!」と油断せずに、
毎日の洗顔&保湿はきちんと続けましょう。

 

大人ニキビとメイクの関係

 

大人になってからニキビが急激に増える女性の場合、
やはりメイクがニキビの原因になっている可能性が高いと思います。

 

メイクの仕方や薄さ濃さなどは、
それまで長年やってきたことなので急には変えられない、という女性がほとんどです。

 

 メイクのしすぎでニキビができる
→できたニキビがメイクのせいで悪化する

 

という悪循環になってしまうと、
そこからニキビを完治させるのには大変な時間と労力が必要です。

 

「大人になってからニキビが増えた」という人は、
しばらくメイクを薄めにするなどして、様子を見てみてください。
それで症状が快方に向かうような場合は、
「メイクによる大人ニキビ」の可能性がかなり高いと言えます。