大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビ対策にあぶらとり紙はあり?それとも良くない?

「ニキビの原因は皮脂だって聞いたから、油取り紙を使っている。
 これって、正しいケアですか?」

 

答えは、半分正解で半分間違いと言ったところでしょうか。

 

顔の皮脂を除去するのに、油取り紙は有効ですが、
皮脂の取り過ぎは逆効果になってしまうことも多いのです。

 

女性のオイリー肌(脂性肌)は、どうしても気になってしまうもの。
ファンデーションが崩れてしまったりしては大変なので
こまめに油取り紙を使っている人も少なくないと思います。

 

ですが、オイリー肌の場合は化粧を軽めにすることで対処した方が、
メイクの面でもニキビケアの面でも、有効かもしれません。

 

ついつい油取り紙が手放せなくなっている、という人は、
使いすぎにだけは要注意ですよ。

 

皮脂は取ってもすぐ分泌される?

 

最近では油取り紙の性能もかなり良くなって、
使いやすいものが増えました。

 

軽く当てるだけで、こすらなくても
浮き上がった皮脂をすっと取ってくれるので、
なんだかお肌にも良いような気がしますね。

 

油取り紙は、一時的に皮脂を除去するのにはもってこいのアイテムですが、
その一方で、皮脂の分泌量を減らす効果はほとんどないことが分かっています。

 

皮脂はお肌にとってのバリア機能。
皮脂が急に薄くなると、お肌は乾燥から身を守ろうとして
すぐまた皮脂の分泌をはじめます。

 

なので、頻繁に油取り紙を使っても、
皮脂のケア効果はそれほど期待できません。

 

皮脂が溜まってメイクに影響が出てしまいそうな時などに、
ポイントを絞って使うのが正解のようです。

 

過剰な皮脂の除去は乾燥肌になる?

 

油取り紙を肌にギューっとこすりつけたり、
または数分おきに何度も何度も繰り返して使ったり。

 

こんなふうな「過剰な」油取り紙の使用は避けてください。

 

皮脂を除去しすぎて、角質に皮膚のバリアがない状態が続くと
お肌は乾燥してしまい、逆に荒れる原因になるのです。

 

水分の蒸発を防ぐために、角質が堅く、厚く生成されるようになるので、
乾燥したカサカサの肌を作る結果になってしまいます。

 

オイリー肌の人でも、お肌の保湿はすごく大事な要素。
かさついた皮膚の状態では、十分な洗顔もままならないので、
少しくらいベタっとする感じが残っても、
しっかり保湿してあげることを優先しましょう。