大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビが頭皮にできる原因、治し方

頭皮にできてしまう大人ニキビは困りもの。
ニキビ「できやすく」「治しにくい」部位なので、
どうしても長引いて悪化させてしまいがちです。

 

頭皮の大人ニキビは、日頃からの予防が肝心。
なかなか治らない場合は、早めに皮膚科の診療を受けましょう。

 

頭皮ニキビの原因

 

頭皮ニキビができやすい部位は、主に頭頂部(頭のてっぺん)です。
皮脂の分泌が盛んなことに加えて、
外からの刺激を受けやすい箇所なのでどうしてもニキビができやすいのです。

 

また、頭部は他よりも体温が高めで蒸れやすいため、
ジュクジュクして治りにくいニキビになりがちです。

 

頭皮ニキビは「気づきにくい」

 

頭皮は自分で見るのがむずかしい場所なので、ニキビができてもなかなか気づきにくいもの。
人に言われてから初めて気がつく、なんてことだって少なくないのです。

 

ニキビに気づかずに掻いてしまったり、シャンプー中に傷付けてしまうと
頭皮ニキビを悪化させる原因になります。

 

大人ニキビができやすい人は、シャンプーの前に一度、
頭皮全体を軽く触ってみてニキビができていないかチェックする癖をつけましょう。

 

ただし、必要以上に気にして触りすぎると、悪化の原因になるので気をつけて。

 

分け目のニキビに注意

 

髪の分け目にニキビができやすい、という人も多いようです。
分け目をいつも同じ場所にしていると、
その部分の地肌が弱くなってしまうことがあり頭皮ニキビの原因になりやすいのです。

 

分け目にニキビができる人は、たまに髪型を変えてみることもニキビ予防になりますよ。

 

紫外線(UV)は頭皮ニキビの大敵

 

頭皮は紫外線によるダメージを受けやすいところ。
紫外線による頭皮の肌荒れも、ニキビのできる大きな原因です。

 

また、朝シャンなどで頭皮が濡れたままで屋外に出ると、
普段よりも紫外線のダメージに弱くなってしまう、というデータもあります。

 

お肌のUV対策はしていても、つい頭皮のことはおそろかになりがちです。
通気性のいい帽子をかぶるなど、ちゃんと対策を忘れずに。

 

頭皮ニキビの治し方

 

頭皮ニキビができてしまったら、まずは洗髪のやり方を見直しましょう。
間違ったシャンプーが頭皮ニキビの原因になっている可能性があります。

 

ニキビケア製品を使うのもいいですが、頭皮は髪の毛が邪魔になってお手入れしにくい部分。
特にクリームタイプのケア用品・薬などは、うまく頭皮に塗るのが難しいこともあります。

 

悪化するようなら、早めに皮膚科へ行きましょう。
ぬり薬だけではなく内服薬を処方してもらえるので、治りが早くなります。

 

洗髪のし過ぎは逆効果

 

頭皮の皮脂を気にして、ゴシゴシと強く洗ったり1日に何度もシャンプーするのは逆効果。
頭皮のバリア機能が弱まってしまって、逆にニキビのできやすい肌質になってしまいます。

 

基本的に、洗髪は1日1回で十分。
爪を立てたりしないで、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。
肌が弱い人は、弱酸性のシャンプーを選ぶようにするといいでしょう。

 

就寝前にはしっかり髪を乾かすこと

 

髪の保湿を考えて、ナイトキャップやバスタオルで髪を包んだまま就寝する人がいます。
これは残念ながら、頭皮のケアにとってはあまり良くない習慣です。
頭皮が蒸れることで、老廃物の代謝が悪くなってしまうからです。

 

頭皮ニキビができた時は、寝る前にしっかり髪を乾かすことで頭皮のケアをしてあげましょう。

 

もしニキビ化粧品でケアするなら

 

ニキビ化粧品で頭皮をケアするなら、
なるべく短期間で効果が期待できるものがおすすめです。

 

一番は高濃度のビタミンCを配合したビーグレンの美容液。
先が細くなっているので、直接頭皮の気になる部分に塗ってあげましょう。

 

ちょっとベタつくので、朝ではなく、
夜にお風呂から上がった後に塗ってあげるのがおすすめです。

 

ビーグレンの詳細はこちら