大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビが背中にできる原因、治し方

背中にできてしまった大人ニキビは、なかなか気づきにくいものです。

 

顔などと違って、自分で見て確認するのが難しいので
初期症状のうちはまったく自覚がないことも多いはず。

 

その結果、ある程度症状が進行するまで放っておいてしまったり、
炎症や化膿するまで悪化させてしまうこともよくあります。

 

症状に気づいたらすぐに、ニキビケア用品でフォローしてあげましょう。

 

背中ニキビの原因

 

背中ニキビが女性に多い理由?

 

背中にできる大人ニキビは、男性より女性の方が圧倒的に多いようです。

 

これは、髪を長く伸ばしていることが原因。
シャンプーなどの洗い残しが、背中に残ってしまいやすいからです。

 

コンディショナーやトリートメントは軽くすすぐだけのことも多いので、
どうしても髪に成分が留まってしまいがち。
それが背中の皮膚に残って、ニキビの原因になっているというワケです。

 

  • 体を洗う

     ↓

  • 髪を洗う

 

という順番が習慣になっている人は、特に注意が必要。
順番は逆にした方が、ニキビのためには良さそうですね。

 

その他にも、背中と髪がこすれてしまう刺激も、原因の1つと言われています。

 

就寝時にできてしまう背中ニキビ

 

あなたが寝ているあいだ、背中はずっと圧迫されて下着との摩擦を繰り返しています。
肌が弱い人や、下着の素材が合わない時などは
このことも背中ニキビの大きな原因になります。

 

「朝、起きるとニキビが……」
という人は、下着との相性やベッドの硬さを見直してみるといいかもしれませんよ。

 

背中ニキビの治し方

 

美容液は多めに塗ってOK

 

背中は皮膚が厚いので、ニキビの患部に美容液を使うときは
しっかり多めに塗っておきましょう。

 

量が少ないと、皮膚の奧までちゃんと浸透していない可能性があります。

 

背中の洗い方に一工夫

 

背中は人間の体の中でも一番汗をかきやすい部分の1つ。
その分、皮脂や老廃物の分泌の活発なので、
しっかり洗い流して清潔に保っておく必要があります。

 

だからといって、ボディタオルやブラシでゴシゴシ擦ってしまうのはハイリスク。
自分では見えない「初期症状のニキビ」を悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

背中によくニキビができてしまう、という人は
普段から柔らかい素材のスポンジ、海綿などを使うようにした方がいいでしょう。

 

汗の処理はこまめに

 

背中は顔などと違って、汗をかいても簡単に拭いたりできないものです。
夏場など、汗をかきやすいタイプの人は
休み時間を利用して下着を替えるなど、一手間かけて汗のフォローを。

 

また、汗は夏場だけのものではありません。
冬の間も、厚着や暖房などが理由で、1日中すこしずつ汗をかいているものです。

 

冬にニキビができてしまう、という人は、
下着の通気性などもちょっと気にしてみるといいかもしれません。

 

背中ニキビにおすすめの化粧品

 

背中でも顔でも、できてしまったニキビのケアは基本的に同じです。
しっかりと保湿をした上で、肌のターンオーバーを整えるビタミンC化粧品を使いましょう。

 

もし塗るのに問題がないなら、顔と同じくビーグレンの化粧品がおすすめ。
高濃度のビタミンCが配合されているので、早めの改善が期待できます。

 

ただ、背中は自分一人ではケアしにくい箇所なので、
もし上手く塗れない場合は、ジェルタイプのジュエルレインがおすすめです。

 

こちらはオールインワン・タイプのニキビ化粧品なので、
たった一回塗るだけで、背中ニキビがケアできます。
また化粧水のように水っぽくないので、背中でも垂れてくることがありません。

 

ビーグレンの詳細はこちら
ジュエルレインの詳細はこちら