大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビがおでこや髪の生え際にできる原因、治し方

おでこや前髪の生え際は、あまりニキビになりにくい場所です。
もしできてしまっても、比較的症状が軽く、治りやすいことが多いでしょう。

 

とは言っても、顔の中でもすごく目立つ部分なので、
いざニキビができると、どうしても気になってしまうところ。
対処方法を知って、すばやく治してしまいましょう。

 

おでこ・髪の生え際ニキビの原因

 

おでこのニキビの原因は、単純に言えば、
皮脂の過剰分泌によるものがほとんどです。

 

おでこは顔の中でも汗をかきやすい場所で、
それと同時に皮脂や老廃物の排出量も多くなっています。

 

こうした皮脂が、毛穴に詰まってしまうのが原因。
特に、おでこのテカリなどが気になるからと、
化粧を厚めにしている人などは要注意ですね。

 

大人のおでこニキビと思春期のおでこニキビ

 

おでこにできるニキビと言えば、
思春期にできるニキビの代名詞のように言われがちです。

 

確かに思春期には体の代謝が活発になるため、
汗や老廃物がおでこの毛穴に溜まりやすく、ニキビになることが多いです。

 

では、大人になるとこうしたニキビがなくなるかといえば、もちろんNOです。

 

大人になれば思春期の頃より皮脂の分泌量は落ち着くものの、

 

  • 化粧などのせいで毛穴が詰まる
  • 肌の代謝機能が低下して皮脂がきちんと排出されない
  • 肌質が変化してオイリー肌になる

 

など、別の理由でおでこのニキビができてしまうことになります。

 

特に、化粧のせいで毛穴が詰まることと、
肌の代謝機能が低下してしまうのは大人ならではのニキビの原因です。

 

「おでこニキビなんて大人になってからできるはずがない」
と甘く見ていると、痛い目にあってしまうかもしれません。

 

おでこ・髪の生え際ニキビの治し方

 

おでこや髪の生え際にニキビができてしまった場合は、
まず洗顔のやり方を見直してみましょう。
毛穴の詰まりをしっかり取れていない可能性があります。

 

おでこ・髪の生え際の正しい洗顔方法

 

おでこの周りは、顔のほかの部分にくらべて毛穴が大きいのが特徴です。
そのため、化粧残りや汚れが毛穴に残りやすいので注意しましょう。

 

  •  洗顔料はしっかり泡立てる(または、泡立てないでいいクレイ洗顔タイプのものを)
  •  こすらず、マッサージするように揉んで洗う
  •  毛穴に洗顔料が残ることがあるので、しっかり流す

 

この3ポイントに気をつけてみてください。

 

洗顔後のスキンケアにも一工夫を

 

おでこニキビのケア、そして予防にはスキンケアにも工夫が必要です。

 

まず大事なのは、保湿をしっかりすること。

 

おでこのニキビで悩んでいる人の中には、
「おでこはオイリーだから保湿すると余計にベタつくのでは?」
と考えている人がいるかもしれませんが、
むしろそういう人こそ保湿をしっかりするべきです。

 

皮脂が浮き出てしまうのは、肌に十分な水分がなく、
皮脂でそれを補おうとしているためです。

だからこそ、しっかり保湿をして健康な肌を保たなければいけません。

 

そして、次にできるだけターンオーバーを促進させること。
最も良いのはビタミンCを含む化粧水を使うことです。

 

おでこの肌は加齢と共にどんどん代謝機能が落ちてしまい、
これがニキビの原因のひとつになることもあります。

 

そのため、それをフォローするような化粧品を使いましょう。

 

おでこのニキビにおすすめの化粧品

 

おでこのニキビに適した化粧品の選び方ですが、
症状や程度、また大人なのか思春期なのかで選び方が変わります。

 

まず大人の場合、すでに腫れて炎症してしまっている場合は、
炎症を抑える化粧水と、ビタミンCを配合した美容液があるビーグレンがおすすめ。
これ以上悪化しないように、とにかく炎症を抑えることが最優先です。

 

一方で、まだそこまで症状が重くないという場合や思春期の人には、
オイリー肌を十分にフォローでき、しっかり洗顔できるファーストクラッシュが良いでしょう。
洗顔と同時に、保湿力の高いスキンケアもできるので一石二鳥です。

 

症状によっておすすめが違うので、自分に合ったものを選んで下さい。

 

ビーグレンの詳細はこちら
ファーストクラッシュの詳細はこちら