大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビが首もとにできる原因、治し方

首もとにできてしまう大人ニキビは、
汗や髪の毛・貴金属などの刺激が原因になっていることが多いです。

 

夏など暑い季節にできることがほとんどですが、
寒い時期に襟元をきっちり合わせているとそれが刺激になってしまう人もいます。

 

夏は首もとを大きく開ける機会も多いですよね。
ニキビが気になって窮屈な思いをしていては損ですから、
早めのケアで予防&治療しておきましょう。

 

あごや口のまわりのニキビから連続してできることもあるので
他の部位と合わせたケアが必要になります。

 

首もとのニキビの原因

 

汗の処理はこまめに

 

首のまわりはよく汗をかくところ。
かいた汗をそのままにしておくと、襟と擦れたりして肌へのダメージになりますから、
夏場は汗の処理をしっかりと。
汗をかきやすい体質の人は、ハンカチだけでなく
吸水性の高いハンドタオルを常に持ち歩くようにするといいですよ。

 

制汗デオドラント、香水などが刺激になってしまう人もいるので
自分に合った製品を選ぶ心がけが大切です。

 

髪の毛、貴金属の刺激も原因に

 

髪の毛やネックレスなどが擦れてダメージになってしまい、
首もとに大人ニキビができてしまう原因になる場合もあります。

 

普通ならそれほど気にする必要はありませんが、肌が弱い人は要注意。
しばらくネックレスを止めてみる、髪型を変えるなどでニキビが改善されることもあります。
可能性の1つとして覚えておきましょう。

 

首もとのニキビの治し方

 

おろそかになりがちな首もとのケア

 

首もとは垢が溜まりやすいことからも分かるように、汚れやすい部分です。

 

ですが、意外と首もとのケアがおろそかになっていて
毛穴のヨゴレを落とし切れていない、という人が多いようです。

 

「お肌のケア」というと、どうしても首から上に意識がいってしまうからなのかもしれませんね。

 

特にあごの下や耳の裏のお肌は、顔と一緒で非常にデリケートなところ。
化粧水や美容液がもったいない! と思わずに、しっかりケアしてあげましょう。

 

首もとのニキビは悪化しやすい?

 

首のまわりは刺激の多い部位なので、
一度ニキビになってしまうとなかなか治らないことも少なくありません。

 

初期症状のニキビと思って安心していると、
すぐに炎症や化膿した状態(赤ニキビ、黄ニキビ)までこじらせてしまうケースも。

 

ニキビ跡になってしまうとシミが目立ってしまうので、
なるべく早めにケアすることが大切です。

 

おすすめの化粧品はどれ?

 

首もとのニキビがすでに赤く腫れてきている場合は、
すばやい効き目が期待できるビーグレンの大人ニキビケアセットがおすすめです。

 

特に高濃度のビタミンCを配合した美容液が効果的なので、
患部に少し厚めに塗ってあげましょう。

 

また、そこまで症状がひどくない場合は、
富士フイルムのルナメアACがおすすめです。

 

こちらは保湿効果に優れた化粧品になっているので、
比較的初期のニキビならこちらで十分だと思います。

 

ビーグレンの詳細はこちら
ルナメアACの詳細はこちら