大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビが鼻やTゾーンにできる原因、治し方

鼻筋からTゾーンにかけての部分は、あまりニキビになりにくい場所です。
おでこなどと一緒で、汗の分泌が盛んで毛穴が大きいため
皮脂が詰まったりしずらい場所なのです。

 

ですが、一度できてしまうとついつい触ったりして悪化させやすく、
長引けばシミになって目立ってしまうことも多いので、早めにケアしておきましょう。

 

鼻・Tゾーンニキビの原因

 

大人になってからはそれほどニキビができにくい部位です。

 

鼻やTゾーンの部分にすぐ大人ニキビができてしまう、という人は
オイリー肌(脂性肌)のことが多いかもしれません。

 

つい触ってしまう鼻・Tゾーンのニキビ

 

鼻の頭にできたニキビは、どうしても無意識に手が伸びてしまうもの。
指先でぺたぺた触ったりしてしまうと、なかなか治らない原因になります。

 

ニキビに刺激は厳禁。
鏡を見るたび気になってしまうのは分かりますが、
ぐっとガマンして触らないように気をつけましょう。

 

油とり紙の使いすぎは危険?

 

オイリー肌の人の場合、つい油とり紙を使いすぎてしまう、なんてこともありそうです。
時々なら問題ありませんが、「1日中、油とり紙が手放せない」が習慣になってしまうと
ニキビケアのためには良くありません。

 

浮いた皮脂を取ったとしても、それは一時的なもの。
失った分の皮脂はすぐに分泌されるので、基本的な解決にはなりません。
むしろ、刺激で皮膚が荒れてしまうと、ニキビができやすい肌質になってしまいます。

 

オイリー肌のケアは、洗顔とスキンケアに気をつけるべき。
むしろ油とり紙を使いすぎないように注意しましょう。

 

鼻・Tゾーンニキビの治し方

 

鼻やTゾーンにニキビができてしまった場合は、
まず洗顔で毛穴の詰まりをしっかりなくすことから気をつけてみましょう。

 

鼻筋や鼻の頭は、角栓(古くなった角質)が毛穴に詰まりやすく、
なかなか溜まった汚れを落としにくい部分。

 

洗顔の前に、温めて毛穴を広げておくのが効果的です。

 

鼻・Tゾーンの正しい洗顔方法

 

  1. 蒸しタオル(お湯でぬらしたタオルでも)を顔に乗せる
  2. 熱が冷めないようにタオルを代えながら、そのまま5〜10分
  3. 顔が内側から温まってきたら、ゆっくり揉みほぐすようにマッサージ

 

洗顔前にこれをやっておくと、毛穴がしっかり開いて
鼻やTゾーンの老廃物がきれいに落とせます。
お風呂に入りながら、タオルを顔に乗せて蒸すのが一番楽ですね。

 

オイリー肌の人にも効果があるので、毎日の洗顔に取り入れてみてください。

 

鼻ニキビができる人におすすめの化粧品

 

Tゾーンにニキビができやすいという人はオイリー肌の可能性があります。

 

そのためファーストクラッシュなどしっかり洗顔できる化粧品がおすすめです。
もちろん洗顔後の保湿ケアなどにも注意したいですが、
ファーストクラッシュなら1本で保湿やトリートメントまでフォローできます。

 

オイリー肌症状を抑えるのにも一役買ってくれるでしょう。

 

そして、症状の重い人や繰り返しできてしまう人は、ビーグレンを使いましょう。

 

この場合は洗顔よりもまずは炎症を抑えるのを優先したいですね。
ビーグレンに含まれるビタミンCには炎症を抑える効果があるので最適です。

 

しかもビタミンCにはそのほかにも毛穴を引き締める効果もありますから、
いちご鼻や小鼻の黒ずみが気になる人にもおすすめできますね。

 

ファーストクラッシュの詳細はこちら
ビーグレンの詳細はこちら