大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

目立つニキビ跡を治すにはどんな化粧品が良いの?

やっとニキビが治ったと思っても、
さらにやっかいなのがニキビ跡のシミやデコボコ(クレーター)です。

 

痛みはなくても目立ってしまうので、
女性にとっては、もしかしたらニキビ自体よりも嫌かもしれませんね。

 

それに、ニキビ跡のケアは、肌そのものを改善するケアになりますので、
ニキビ自体を治すより、どうしても時間もかかってしまいます。

 

だからといって、放っておくわけにはいきませんから、
気長に、しっかりと続けて、自慢できる肌を取り戻しましょう。

 

まず確認!ニキビは治っていますか?

 

ニキビ跡のケアに入るまでに、大事なことを1つ確認します。
ニキビはもうちゃんと治っていて、くり返したりはしていませんか?

 

ニキビ跡は皮膚の炎症をともなうニキビ自体とは、ケア方法が違います。

 

もしまだニキビが治っていない状態の場合は、
ニキビのケアと平行して、ニキビ跡のケアをする必要があります。

 

どちらか片方だけではなかなか症状が改善しないので、
この点をしっかり抑えた上で、肌の状態にあったケアをしましょう。

 

ニキビ跡はどうやったら治る?

 

ニキビ跡といってもデコボコタイプやシミタイプなど色々ですが、
実は、ニキビ跡の治し方は大きな意味では同じになります。

 

それは、肌をきちんと生まれ変わらせることです。

 

これを見て、ほとんどの人は
「何言ってるの?肌って普通にしてても生まれ変わるのでは?」
と思うでしょう。

 

確かに肌のターンオーバーは特別なケアをしなくても、
日々行なわれています。

 

ですが、事実、きちんとしたケアをしなくてはニキビ跡は治りませんよね?
なぜなら、それは肌が正しく生まれ変わっていないからです。

 

では、治すためにはどうすればいいのか、
ニキビ跡のケースに当てはめて、詳しく説明しましょう。

 

シミのようなニキビ跡の原因とケア方法

 

ニキビの後が赤黒くなってしまい、シミのようなニキビ跡は、
傷ついた肌細胞がきちんとターンオーバーで生まれ変わらず、
肌の内部に留まってしまっているのが原因です。

 

これを治すためには、加齢でできるシミと同じように、
美白成分を配合した化粧品で治すのが効果的です。

 

またターンオーバーを促進することで、
新しくシミのない肌を作りだすのが大切ですね。

 

デコボコなニキビ跡の原因とケア方法

 

ニキビが治ったあとがクレーターのようになり、
肌がデコボコになってしまったニキビ跡は、
ニキビをきちんと修復できなかったせいでできてしまいます。

 

これはシミのニキビ跡に比べると、かなり重症です。
治すにはターンオーバーを促進させて、
新しい肌を作り出すしかありません。

 

そのため、肌の修復を補う成分が入った化粧品を選びましょう。

 

ニキビ跡を治すのにおすすめの化粧品は?

 

ニキビそのものを治す化粧品は多いものの、
ニキビ跡を治す化粧品はなかなか多くありません。

 

その中でもおすすめできるのは、リプロスキンという化粧水。
リプロスキンには、おすすめできるポイントが2つあります。

 

シミを消すための美白成分

リプロスキンは化粧水ですが、
シミ専用の化粧品にも使われる「ダーマホワイト」という成分を含んでいます。

 

これは天然植物のエキスなどを配合した美白成分で、
シミの元になるメラニンの生成を抑えてくれます。

 

肌の修復を行なう成分

クレーター肌を治すため、ターンオーバーを促進する2種類の成分を配合しています。

 

イソフラボン

潤いを保ったプルプルの肌を作るための成分。
女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをすることで有名で、
ターンオーバーを促進するとともに、
ホルモンバランスを整えて、肌がガサガサになるのを防いでくれます。

 

酵母エキス

ビタミンB2・B6、アミノ酸を多く含んだ成分です。
傷ついた肌細胞を修復する強力なサポートをしてくれます。

 


このほかにも化粧水として、
十分な保湿成分などを含んでいるのが、リプロスキンの特徴です。

 

また、角質を柔軟にする効果もあるので、
スキンケアの最初に使うことで、
他の化粧品の有効成分の吸収もサポートしてくれる効果もあります。

 

今使っている化粧品を変えずに、
プラスワンするだけでニキビ跡のケアができるので、
ニキビを治しつつニキビ跡もケアしたい、という人におすすめです。

 

リプロスキンの詳細はこちら