大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビがある時は、パウダー系のファンデーションがおすすめ

ファンデーションの使いすぎは、大人ニキビを悪化させてしまうことがあります。

 

ファンデーションというのは、
基本的にお肌の凹凸を埋めて、なめらかに見せるためのもの。
そのため、毛穴にもフタをして埋めてしまうので
毛穴が詰まりやすく、ニキビを進行させてしまいがちです。

 

ファンデーションをまったく使わないのが理想ですが、
とてもそんなワケにはいかない、という人がほとんどだと思います。

 

ニキビ患部や毛穴への負担を少しでも少なくするために、
ファンデーション選びにも気をつかってみましょう。

 

パウダータイプがオススメ

 

クリームタイプのファンデーションは、
どうしても油脂分を多く含んでいるので、
皮膚から分泌される皮脂と合わさって、毛穴を詰まらせる大きな原因に。

 

リキッドタイプのものでも、油脂分はそれなりに多く、
また毛穴の奧まで入り込みやすいので、詰まってしまう可能性が高いようです。

 

  • 油脂分が多い
  • 角質や毛穴の凸凹のスキマに入り込む

 

というファンデーションは、
本来であれば肌への定着力があり、表面をなめらかに見せてくれるので
効果の高いファンデーションなのですが、
大人ニキビができてしまっている状態では、
その効果がそのままデメリットになってしまう、というワケですね。

 

大人ニキビになりやすい人や、大人ニキビができてしまっている人は、
できるだけサラッとしたパウダータイプのファンデーションを使うのがいいと思います。

 

乾燥肌の人はノンコメドジェニック製品を

 

  • 乾燥肌で肌がカサカサしている
  • ニキビ跡の凹凸が多く、ファンデーションのノリが悪い

 

こんな場合は、パウダーファンデーションではガサガサになってしまって
ちょっと使えない、ということも少なくありません。

 

リキッドタイプやクリームタイプを使っていくことになりますが、
できるだけ、天然由来成分で肌に負担の少ないものを選びましょう。

 

「ノンコメドジェニックテスト済」と表記のあるものなら、
毛穴に詰まりづらく角栓が出来にくいので、オススメです。

 

ファンデーションの酸化にも要注意

 

ファンデーションを長時間つけたままにしておくと、
紫外線などの影響で、皮脂と混じり合った状態のまま酸化してしまいます。

 

酸化してしまったファンデーションは非常に落としにくく、
毛穴の詰まりや角栓の大きな原因になります。
また、シミ(色素沈着)を起こしやすいことも分かっています。

 

長時間のメイクはリスクがいっぱい。
帰宅したらできるだけ早く、メイク落としに取りかかりましょう。