大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビの人は刺激の強い食べ物を避けよう(カレー、コーヒーなど)

大人ニキビは、たくさんの原因が影響して出来るもの。
コーヒーなどの刺激物も、人によってはニキビを引き起こす原因になります。

 

体質など個人差による部分も大きいので、
あまり「あれもダメ、これもダメ」と気にしすぎる必要はありませんが、
やはり過剰に摂取してしまうと、害になる可能性も高いものです。

 

大人ニキビができている間だけでも、
こうした刺激の強い飲食物は控えてみるのがいいと思います。

 

カフェインの多い飲食物

 

コーヒーなどに含まれるカフェインは、
お肌にあまり良くないということが知られています。
同じくカカオを原料にしているココアも、
カフェインの多い飲み物です。

 

コーヒー以外では、緑茶にも多量のカフェインが含まれます。
特に、玉露などはコーヒーの倍近い含有量。
紅茶、ほうじ茶、烏龍茶なども、少ないですがカフェインを含みます。

 

一方、麦茶やハーブティーなど、
お茶の葉を使用していないものはカフェインの含有量0。
ニキビができているときには、これらの飲み物がオススメです。

 

カフェインはビタミンCの吸収を妨げる?

 

カフェインが肌に良くない一番の理由は、
「体内に吸収されたカフェインが、ビタミンCの吸収を妨げてしまう」ということ。
特に、空腹時に摂るカフェインは吸収効率が高いので注意。

 

また、カフェインの刺激で胃を荒らしてしまうこともあり、
胃腸の乱れがお肌の乱れにつながるケースも。

 

「朝起きたらまず1杯のコーヒー」は、
あまり体とお肌によくない、ということは覚えておきましょう。

 

コーヒーに入れる砂糖やクリームも、
余分な脂肪となって皮脂の分泌を増やしてしまいがちです。

 

辛い食べ物はニキビが増える?

 

「辛いものを食べるとニキビが出たり肌荒れになる」という人もいます。

 

辛さの刺激や、一時的に血行が良くなることで
ニキビが悪化してしまう人はたしかにいます。
その一方で、辛いモノを食べ慣れている人などはなんともないことも。

 

辛いモノがニキビに繋がるかどうかは、かなり個人差の大きい部分だと言えます。

 

カレーなどは油脂分が非常に多い料理なので、
それがニキビに影響してしまう、ということもありそうです。

 

肌には直接、辛いモノの影響がない場合でも、
胃腸の調子を壊して便秘や下痢などになってしまうと、
全身の代謝機能が下がってしまい、大人ニキビの原因になるケースもあります。

 

辛いモノがちょっと苦手、という人は、
ニキビ中はできるだけ避けておくのが無難ですね。