大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

顔のニキビは治ってもデコルテニキビが治らない!どうすればいい?

20歳を過ぎると、ほとんどの人は思春期ニキビが治まってきますが、デコルテニキビがなかなか治らず悩む女性が多いです。胸元は自分が思う以上に他人から注目されやすいところなので、気になりますよね。

 

デコルテニキビは顔のニキビと同じように見えますが、原因や対処法は同じなのでしょうか?ここでは、デコルテニキビの原因や特徴、治す方法について詳しく紹介します。

 

デコルテニキビの原因

 

顔のスキンケアは毎日していても、胸元のお手入れを毎日している人は少ないのではないでしょうか?デコルテは顔、頭に次いで皮脂腺が多いので、顔と同じようにニキビができやすいですが、顔のニキビと比べてなかなか気がつきません。

 

そのため、気がついた時にはかなり悪化していることが多く、治りも遅いという特徴があります。また、シャンプーやトリートメント、外部からの刺激など、デコルテニキビ特有の原因もあります。まずは、デコルテニキビができる5つの原因を確認していきましょう。

 

原因1. 皮脂の過剰分泌

胸元は汗をかきやすいところです。さらに皮脂腺も多いため、過剰に分泌された皮脂が毛穴にたまり、それが原因でデコルテニキビがつくられます。また、油分の多いボディクリームの塗り過ぎも、毛穴が詰まってデコルテニキビの原因になるとされています。

 

原因2. シャンプーやトリートメントのすすぎ残し

シャンプーやトリートメント、ボディシャンプーのすすぎ残しがあると、毛穴に汚れがたまり、デコルテニキビの原因になる場合があります。洗い流さないタイプのトリートメントも、デコルテに付くとニキビを招くので注意が必要です。

 

原因3. ホルモンバランスの乱れ

体内のホルモンバランスは、ストレスや食生活、睡眠不足、生理周期などによって崩れやすいです。ストレス状態が長く続いてホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌を促す男性ホルモンや黄体ホルモンの働きが活発になるため、デコルテニキビができやすくなります。

 

原因4. 外部からの刺激

お風呂で身体を洗う時にゴシゴシこする、ロングヘアで毛先が常にデコルテに当たっている、チクチクする素材の洋服を着ている、などがデコルテにとって刺激になり、ニキビを発症することがあります。また、洗濯用洗剤や柔軟剤を使用した下着が原因になることも考えられます。

 

一般的な洗濯用洗剤は、合成界面活性剤という刺激の強い石油系成分を使用しています。衣類を洗濯するとこれらの成分が微量に残るので、肌を守るバリア機能の役割を果たしているタンパク質を溶かします。

 

さらに衣類との摩擦も加わって肌が乾燥すると、皮脂の分泌が過剰になるため、デコルテニキビの原因になります。

 

原因5. 金属アレルギー

ネックレスなどをしている時にかいた汗をそのままにしておくと、金属と汗が反応して金属アレルギーが起こる場合も、これもニキビなどの湿疹の原因になります。金属アレルギーは、ホルモンバランスの乱れや出産、更年期などによる身体の変化と深く関係していて、ある日突然発症することもあります。

 

デコルテニキビの対処法

 

デコルテニキビの対処法は、顔のニキビと共通するところもありますが、普段使っているシャンプーやトリートメントの使用方法、洗濯用洗剤や柔軟剤の見直しなど、デコルテニキビ特有の対処法もあります。

 

これらの対処法を間違えてしまうと、デコルテニキビが治らないだけでなくさらに悪化し、最悪ニキビ跡になることもあります。すぐに皮膚科にかからなくても日常的なケアで改善できることも多いので、ここできちんとチェックしていきましょう。

 

方法1. しっかり保湿

保湿のためにボディクリームをデコルテに塗る人も多いでしょう。しかし、ボディクリームには油分が多く含まれています。そのため、油分の含まれていない化粧水などでケアすることをおすすめします。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が含まれているものなら、さらに良いでしょう。

 

あれこれたくさんつけるのが面倒な場合は、デコルテニキビ専用のボディジェルを利用するのもおすすめです。デコルテニキビを改善する保湿成分が入っていて、美白効果も期待できます。

 

インターネット通販で購入する場合、効果がなかった時には返金保証がついているものもあります。そういうものを選べば、安心して使うことができます。

 

方法2. 刺激やすすぎ残しに注意

ボディタオルは柔らかい素材のものを選び、やさしく洗いましょう。また、シャンプーやトリートメントの後に身体を洗うようにして、すすぎ残しがないように気をつけましょう。

 

方法3. バランスの良い食事

バランスの良い食事を心がけて、ホルモンバランスを整え、身体の中からきれいにしましょう。ホルモンバランスの乱れは内服薬で治療することも可能ですが、副作用の心配があるため食事によって調整する方法がおすすめです。

 

特に美容効果の高いビタミンB2やB6、ビタミンCを積極的に摂ることをおすすめします。

 

  • ビタミンB2を含む食べ物:牛乳、うなぎ、納豆、ほうれん草
  • ビタミンB6を含む食べ物:鶏肉、豚肉、牛肉、大豆
  • ビタミンCを含む食べ物:緑黄色野菜、果物

 

方法4. ストレスは上手に発散

ホルモンバランスを整えるために、毎日楽しく過ごせるように心がけることが大切です。ストレスはため込まず、上手に発散しましょう。好きなことや趣味をする、美味しいものを食べに行くなど、自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう。ゆっくりとお風呂に浸かるだけでも、ストレス解消につながりますよ。

 

 

デコルテニキビが悪化したら、我慢せずに皮膚科を受診しましょう。皮膚科ではビタミンや抗生物質などの内服薬のほか、外用薬としてステロイドを処方されることが多いです。医師によって判断も異なるので、納得がいくまできちんと相談してから治療法を決めることをおすすめします。

 

ただし、悪化したデコルテニキビの場合、ニキビは治ってもニキビ跡ができてしまうことがあります。そのほとんどが色素沈着なので、時間が経てばだんだん薄くなり、消えていくことが多いです。

 

いつまで経ってもニキビ跡が消えない場合は、皮膚科や美容クリニックでレーザー治療や外科的手術などを受けることもできます。

 

顔からデコルテまではすべて「顔」なので、デコルテも顔と同じように化粧水や美容液などでこまめにケアしましょう。デコルテ専用のボディジェルなどもうまく利用して、ニキビに悩まされない美しいデコルテを手に入れましょう。