大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビケア化粧品と医薬品(治療薬)の違いは?

ニキビケア治療薬には「医薬品」扱いのモノと、
「医薬部外品」のモノとがあります。

 

またそれ以外にも、コスメ、化粧品として
ニキビ治療に効果のある製品がありますね。

 

それぞれの違いを知っておくことも、ニキビのケアには大切なこと。
しっかり知識を身につけて、かしこく大人ニキビと戦いましょう。

 

医薬品の場合

 

医薬品や医薬部外品、化粧品などの規定については、
「薬事法」という法律で厳密に定められています。

 

医薬品というのは、ズバリ「薬」のこと。
実際に治療効果が認められているもので、
また「使用しても大丈夫」と認可が下りているものを指します。

 

病院で処方される場合と、薬局・薬店で買えるものとがありますが、
どちらも医師や薬剤師の管理が必要になります。

 

ドラッグストアなどでも、医薬品を販売しているところは
ちゃんと薬剤師資格を持ったスタッフの方が常勤していますよね。

 

使用は用法・用量を守って

 

ニキビ治療薬で医薬品に指定されているものは、
効き目も強い半面、使用法を間違えると副作用などが現れることもあります。

 

「ニキビを早く治したいから」と自分の勝手な判断で、
一度に大量に使ってしまうようなことは、絶対にやめましょう。

 

「効果が高い分、リスクもある」のが医薬品。
使用する時は、用法・用量をしっかり守って。

 

医薬部外品の場合

 

「医薬部外品」という表示があるものは、医薬品ではありません。

 

簡単に言えば、

 

「効能が認められた成分を配合しているけど、
 効果がはっきりあらわれるかどうかは個人差がある」

 

ものだと思ってください。

 

積極的に症状を治すというよりは、予防やケアに重点を置いている感じです。
うまく使えば、症状の改善は期待できるけれど、
それほど即効性はない、と考えていいでしょう。

 

その分、副作用などのリスクも低くなっていますが、もちろん使いすぎはNG。
自分の症状に合わせて適量を使うようにしましょう。

 

化粧品の場合

 

以前は化粧品も「厚生労働大臣の認可が必要」とされていましたが、
2001年に規制緩和されて、「成分を表示すれば認可不要」になりました。

 

そのため、化粧品の開発競争も進み、
いろんな種類の製品がお店に並ぶようになってきましたね。

 

ニキビ用化粧品の主な目的は、

 

  • 毛穴の詰まりを予防する
  • 皮脂の分泌を抑える
  • 肌を保湿し、ターンオーバーを高める

 

というもの。
悪化してしまったニキビを治療する効果は低いですが、
ニキビ予防や、初期ニキビの改善にはちゃんと効果が期待できます。

 

基本は、ニキビ用化粧品で毎日のケア。
症状が進んでしまったら医薬品で治療、というように
はっきり目的意識を持って使い分けていきましょう。