大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

色素沈着したニキビ跡を薄くするには、ハイドロキノン化粧品が有効

色素沈着(シミ)になってしまったニキビ跡。
なかなか薄くならなくて困っている、という人も多いでしょう。

 

シミの対策には、早期ケアがもっとも効果的。
毎日のニキビチェックを欠かさないようにして、
シミの出始めを見逃さずに集中ケアをしておきたいところです。

 

万が一、シミが濃くなって残ってしまった場合は、
美白効果のある化粧品を使って、
シミの原因のメラニン色素を除去するようにしましょう。

 

シミの状態で長く放置してしまうと、
それだけ落としにくい「ガンコなシミ」に育ってしまうもの。
シミが出来たときにすぐ対処できるように、
使い慣れた美白化粧品はいつでも手元に置いておきたいですね。

 

シミの除去には美白成分を

 

美白化粧品と一言で言っても、いろいろな種類があるので、
何を使っていいのか悩んでしまうかもしれません。

 

美白、シミ除去の目的で化粧品に配合される成分には、
以下のようなものがあります。

 

メラニン色素の漂白

 

  • ハイドロキノン
  • 加水分解シルク
  • 酵母エキス(コウジ酸など)
  • 酢酸系化合物(エラク酢など)
  • アスコルビン酸
  • ビタミンC誘導体(ビタミンCリン酸マグネシウムなど)

 

この中でも「ハイドロキノン」はきわめて強い漂白作用があり、
現在のところ、メラニン色素に対する漂白力では
もっとも高い効果がある成分の1つとして知られています。

 

「何よりもまずシミを落としたい」「シミを薄くしたい」という人は
ハイドロキノン配合の美容液を試してみるのがいいでしょう。

 

メラニン色素の沈着予防

 

  • プラセンタエキス
  • カンゾウエキス
  • カミツレエキス
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体

 

メラニン色素を漂白するだけでなく、
メラニンが新たに沈着しないよう予防する働きも重要です。

 

「美白効果の高い化粧品を使っているのに、なかなかシミが薄くならない」
という人は、新しく生成されるメラニンに対して
漂白が追いついていないケースが多いと思います。

 

漂白だけではダメで、漂白&予防が肝心。
それぞれの成分を一緒に配合した化粧品を選ぶのがオススメです。

 

メラニン予防には食生活も大事

 

  • カフェインやアルコールの摂りすぎ
  • 睡眠不足
  • 強いストレス

 

なども、活性酸素の生成を早めてしまうので、
メラニンが過剰生成される原因になります。

 

生活習慣が原因の大人ニキビやシミは非常に多いので、
思い当たる人はまず、食生活のバランス&生活リズムの改善から!