大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

赤ニキビが腫れて痛い人には、どんな化粧水がよい?

炎症を起こしてしまった赤ニキビの状態。
痛みや痒みを伴うことも多く、患部も非常にデリケートな状態です。
化粧水選びには慎重に、症状に合ったモノを使いたいですね。

 

赤ニキビの状態になっているときは、抗炎症成分を含む化粧水がベスト。
また、その前のメイク落とし、洗顔のしかた次第で
化粧水の「効き」は大きく変わってきます。

 

化粧水だけ、ニキビ治療薬だけの単発ケアではなくて、
トータルでのニキビケアが大切ということですね。

 

赤ニキビは炎症。抗炎症成分が有効!

 

抗炎症成分としてよく使われるものには、こんな成分があります。

 

ビタミンC誘導体

 

ニキビケアの基本中の基本、ビタミンC。
化粧水に含まれるビタミンCにもさまざまな種類があります。

 

野菜を調理するときのことを思い出してみてもらえばよく分かりますが、
ビタミンCは熱に弱い、水に溶けやすいなどの性質が強く、
なかなか不安定な栄養素でもあります。

 

そのため、ビタミンCをしっかり角質の奧まで届けるには、
ビタミンCそのものを直接使うのではなく、
体内でビタミンCに変わる成分を使うのが良いのです。

 

体内に吸収されて、酵素と反応するとビタミンCになるのが
このビタミンC誘導体、というワケです。

 

  • リン酸アスコルビルナトリウム
  • リン酸アスコルビルマグネシウム
  • アスコルビルグルコシド
  • テトライソパルミチン酸アスコルビル

 

などの種類があり、安定して皮膚細胞までビタミンCを届けてくれます。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

高い消炎効果があり、炎症を治すのによく使用されている成分です。
薬用石けんや洗顔料などにもよく配合されています。

 

かなり薬効が強い半面、まれに副作用を起こすことも。
血流を抑えるはたらきのために、デトックス(解毒作用)が弱まってしまうことが
原因とされています。

 

肌に合わないと感じたら、使用を控えて様子を見てみるのがいいでしょう。

 

天然ハーブ

 

オウゴンエキス、カミツレエキス、ドクダミエキスなど
天然由来の薬草成分も、炎症に効果的なものが多くあります。

 

肌への負担が少なく、皮膚が弱い人や敏感肌の人にも
安心して使えるのが大きなメリットです。

 

肌にやさしいタイプの化粧水や美容液の場合、
こうした成分が多く配合されています。