大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビケア化粧品の中には肌を乾燥させてしまうものがある

ニキビの原因は、毛穴に溜まった皮脂に
アクネ菌(ニキビ菌)が繁殖してしまうこと。

 

毛穴の汚れと余分な皮脂をしっかり落としていくことが
基本的なケアになります。

 

ただし、ニキビケア化粧品の中には
皮脂を除去する力(脱脂力)が強すぎるせいで
皮脂を落としすぎて皮膚を乾燥させてしまう、というものもあります。

 

ニキビの原因として敵視されがちな皮脂ですが、
本来は角質を乾燥から守るために分泌されているもの。
ある程度は肌に留めておく必要があります。

 

  • ケア化粧品を使ってから、肌が乾燥するようになった
  • ケアしているのに、新しいニキビが出来てきた

 

という人は、強すぎるケア化粧品が肌に合っていない可能性が高くなります。

 

女性のお肌はとてもデリケート。
ケアのやり過ぎは禁物です。

 

「皮脂の落とし過ぎ」は一昔前のニキビ治療薬に多い?

 

最近ではニキビ治療の研究やリサーチも進み、
脱脂力の強すぎる製品はあまりよくない、ということも
知られるようになってきました。

 

ですが、ちょっと昔に発売されて
まだロングセラーになっているような製品の中には、
過剰に皮脂を落としすぎてしまうものも、まだ多く見られます。

 

  • 使ったあとも肌のヒリヒリ感がなかなか引かない
  • 乾燥してカサカサになってしまう
  • 表皮が薄く剥けてくる
  • 角栓や古い角質が「取れすぎる」

 

こういった場合は、今使っている製品を疑ってみることも必要です。

 

洗顔方法に問題があることも多い

 

脱脂力の高い洗顔料やニキビ治療薬を使っていても、
使い方を間違えなければ、肌に悪影響が出ることはそれほど多くありません。

 

特に、洗顔料の場合はゴシゴシとこすったり、
ニキビの患部を指で洗ったりしてしまうのはNG。

 

泡立つタイプのものであれば、泡で包み込むように洗いましょう。
泡立たないクレイ洗顔タイプなら、肌に馴染ませるようにやさしく洗うのがポイントです。

 

保湿に特化したニキビケア化粧品を

 

ニキビケア化粧品にはいろいろな種類があります。
肌に合う、合わないも人によっていろいろですが、
選ぶポイントに迷ったら、基本的にこの2つを重視すればほとんど失敗はありません。

 

  • 肌にやさしい(低刺激、天然成分)
  • 保湿力が高い(乾燥させない、浸透力が高い)

 

洗顔料、化粧水と美容液がセットになったニキビケア化粧品なら、
メイク落とし〜就寝まで、一貫した保湿ケアができるのでオススメ。

 

肌へのやさしさと効果を両立したビーグレン(b.glen)の
「大人ニキビトライアルセット」など、
安心して普段使いに使える製品が、女性からの支持が高いようです。