大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

保険適応できるニキビ治療とできない治療について

突然できてしまったニキビ、なかなか治らないニキビ…誰もが一度はニキビに悩んだことがあるのではないでしょうか。ニキビで皮膚科に行くのも大げさな気がする…と受診をためらい、なんとか自分のケアで治そうとしていませんか?

 

ニキビは皮膚病の一つです。悪化してしまったニキビに悩んでいる場合は、皮膚科に行って治療しましょう!さまざまある治療方法のなかでも、保険適用と適用外の治療について、まとめて紹介します。

 

保険適用の治療方法

 

保険適用でニキビの治療ができたら、金銭面的にもとっても安心ですよね。市販のニキビケア商品とあまり変わらない価格で専門的な治療が受けられるのが、保険適用の魅力です。どんな治療方法があるのか、順に見ていきましょう。

 

面ぽう圧出

 

ニキビに針などで穴を開け、専用の器具を使ってニキビの膿や皮脂汚れを取り出す治療方法です。ニキビをつぶすことになりますが、これは自分でつぶす方法とは全く違います。

 

自分でニキビをつぶすと、ばい菌が入って炎症が悪化する場合もあります。また、皮膚に傷がついてニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので、自分で行うのは止めましょう。

 

内服薬

 

錠剤や粉末、カプセルなどの薬を体内から取り入れてニキビを治す方法です。多くの種類があるなかで、特にニキビの改善効果が期待できる種類を処方します。

 

ホルモン治療

 

ニキビをつくり出すアクネ菌は、皮脂をエサとして繁殖します。この皮脂を過剰にする原因の一つが、男性ホルモンです。

 

低用量ピル

ピルを服用すると、女性ホルモンが増えます。そうすると男性ホルモンよりも女性ホルモンを体内に増やすことができるので、皮脂を抑えることができます。

 

低用量ピルは副作用が少ないことがメリットです。ただし1日15本以上タバコを吸う人や高血圧の人、妊娠中の人などは服用することができません。

 

抗生物質
  • ミノマイシン
  • アクネ菌を殺菌し、繁殖を防ぐ働きがあります。

     

  • クラリス
  • アクネ菌を殺菌し、繁殖を防ぎながらかゆみや炎症を抑えます。

     

    ビタミン剤
  • ビタミンC
  • 皮脂の分泌をコントロールし、過剰になるのを防ぎます。

     

  • ビタミンB2
  • 皮脂を分解してエネルギーに変える力があるため、肌の細胞を活発にして、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを整えます。古い角質が毛穴に詰まることを防いで、ニキビを改善します。

     

    漢方薬

    漢方薬とは、もともと中国で生まれた草根木皮を中心として作られる薬のことをいいます。漢方薬は、他の薬に比べると副作用はとても少ないと言われています。

     

    しかし漢方薬の効果はゆっくりと発揮していくため、速効性には欠けてしまいます。負担なく、ゆっくりと治療を進めたいと言う人にはおすすめの治療方法です。

     

  • セイジョウボウフウトウ
  • 病原を皮膚から発散する働きのある漢方薬です。同時に、ニキビの炎症を抑え化膿したニキビの膿の排出の手伝いをします。

     

  • ハイノウサンキュウトウ
  • 炎症を抑え、赤みを鎮める効果があります。

     

    塗り薬

     

    患部に直接薬を塗って、治す方法です。軟膏やジェル状、クリーム状など形状はさまざまで、塗り薬によって効果も異なります。

     

  • ディフェリンゲル
  • 角質を除去して、毛穴の詰まりを防ぎます。

     

    抗生物質
  • ダラシンTゲル
  • アクアチムクリーム
  •  

    どちらも、アクネ菌を殺菌する働きがあります。

     

    保険適用外の治療方法

     

    ニキビの治療には、保険適用されていない方法もあります。大きな皮膚科や美容クリニックで受けることができます。価格はとても高くなりますが、ニキビの改善に高い効果が期待できます。では、3つの治療方法を価格を含めて紹介します。

     

    ケミカルピーリング

     

    肌に酸性の薬剤を塗って、肌表面の古くなった角質を溶かして剥がす治療方法です。毛穴の詰まりやたまった汚れを取り除くので、ニキビをつくりにくくします。ニキビだけでなく、シミやシワなどの肌トラブルにも効果的です。価格は1回あたり1万〜2万ほどです。

     

    イオン導入

     

    美容成分を単純に肌につけても、内部まで浸透させることは難しいです。でもイオン導入は、美容成分を塗った肌に微弱電流を流すことによって、成分を肌内部までしっかりと浸透させることができます。

     

    肌トラブルよって使う美容成分はさまざまで、金額が異なります。ニキビ治療の場合はビタミンCを塗るので、1回あたり2,000〜5,000円ほどです。

     

    光線力学治療

     

    アミノ酸の一種であるアミノレブリン酸を内服してから、肌に特殊な光を当てて治療する方法です。アミノレブリン酸が皮脂腺に取り込まれると、光に対して反応する物質がつくられます。これと特殊な光が反応すると、たくさんの活性酸素をつくり出します。

     

    活性酸素が増えると、アクネ菌が繁殖する原因になる皮脂を減少させるので、ニキビができにくくなります。価格は、1回あたり3万〜5万円です。

     

     

    独自の判断でケアするのではなく、専門医と相談して治療していくことが、早くキレイにニキビを退治できるコツです。悪化したニキビは悩まず、皮膚科に足を運びましょう。きっと自分に合った治療方法が見つかるはずです。