大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビ治療の新薬「ディフェリンゲル」について 効果および副作用

ニキビ治療のために皮膚科に行くと、
症状に応じていろいろな薬を処方してくれます。

 

最近では「ディフェリンゲル」という新薬を使えるようになったため、
ニキビ治療薬の新しい定番として、処方される機会も多くなりました。

 

非常に高い治療効果を期待できる半面、
副作用などのリスクもあるので、用法や用量をしっかり守って使いましょう。

 

ディフェリンゲルとは?

 

ディフェリンゲルは、アメリカなどでは10年以上前から
ニキビの治療薬として使われていた薬で、高い治療効果は以前から知られていました。

 

ですが、日本国内ではなかなか新薬の認可が下りず、
ほとんど使われることはありませんでした。

 

2008年10月になってようやく、認可が下りたため、
わたしたちもニキビ治療薬としてディフェリンゲルを安価で利用できるようになりました。
保険適用内の治療なので、他の医薬品などと同じく3割負担です。

 

どんな薬なの?

 

ディフェリンは、アダパレンという有効成分を配合した医薬品。
それをニキビ治療に使いやすいよう、ゲル状の軟膏にしたものが「ディフェリンゲル」です。

 

  • 初期段階の白ニキビ
  • 皮脂が酸化した黒ニキビ
  • 炎症をおこした赤ニキビ

 

これらのどの段階にも使用でき、高い治療効果が期待できます。

 

ディフェリンゲルを使用するにあたっての注意点

 

使用方法

 

1日1回、就寝前に患部へ適量を塗ります。
塗るタイミングは、洗顔の後、
化粧水や保湿化粧品を使った後がよいとされています。

 

強い薬なので、1日2回以上使ったりすることは避けてください。

 

使用後に現れる症状(随伴症状)

 

  • 肌が乾燥する
  • ヒリヒリした感じがある
  • 赤くなって痒みがある
  • 角質がぽろぽろとはがれ落ちる

 

などの症状が、使い始め〜2週間くらいの間に出ることがあります。
薬がニキビに作用している現れなので、軽いものであれば問題ないですが、
症状がひどいようなら使用を中断して、医師に相談しましょう。

 

使用中に気をつけたいこと

 

ディフェリンゲルの使用中は、肌に負担を与えるようなことは
できる限り避けましょう。

 

  • 強い紫外線にあたる
  • 刺激の強い化粧品を使う
  • 粘膜や傷口にディフェリンゲルを使用する

 

などは逆にニキビを悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

また、妊娠中や授乳中の女性は使用しないように気をつけて下さいね。