大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビが気になる人は徹夜や睡眠不足に注意

2、3日睡眠不足が続くとすぐニキビが出てきてしまう、という人も多いはず。
睡眠時間とニキビの間には、密接な関係があるんです。

 

徹夜が多かったり、生活リズムが不規則になりがちな人は要注意。
ニキビ対策はまず規則正しい生活から!

 

睡眠中は皮膚の「回復期間」

 

睡眠は主に、脳の休息に必要な時間とされていますが
その他の器官にとっても、日中の疲労やダメージを回復する大事な時間です。

 

特に皮膚の回復は、ほぼ寝ている間にしか行われないので、
ニキビなど皮膚が弱っている状態なら、なおさら十分な睡眠時間が必要になります。

 

寝ている間だけ皮膚が回復する理由

 

皮膚の回復とは「古くなった細胞と新しい細胞を入れ替える」ということ。
これは自律神経とホルモンの働きによって起こります。

 

自律神経は、大きく分けて次の2種類。

 

  • 交感神経(脳に栄養を集めるはたらき)
  • 副交感神経(脳以外の部分に血液を集めるはたらき)

 

この副交感神経のはたらきのおかげで、
内臓や皮膚などに栄養が行き渡り、細胞の再生が行われます。

 

ただし、副交感神経がはたらくのは主に睡眠中。
またホルモンの分泌も、睡眠中がもっとも活発になります。

 

なので、睡眠時間が十分に取れない状態が続いてしまうと、
皮膚の再生がいつまでたっても行われないので
肌荒れや肌の老化、ニキビなどの症状が増えてしまうのです。

 

正しい睡眠マニュアル

 

睡眠時間は5、6時間必要

 

個人差はありますが、皮膚にとって必要な睡眠時間は
だいたい1日に最低5〜6時間だと言われています。

 

毎日同じ時間に寝る

 

毎日ちゃんと同じ時間帯に睡眠を取ることで、
体内時計と脳のはたらきがうまく一致するようになります。

 

つまり「この時間は休んでいい時間」と体が覚えてくれるので
効率良く休息&回復ができるようになる、というワケです。

 

毎日バラバラな時間に就寝するような生活リズムでは、
たとえ十分な睡眠時間を取ったとしても、効率がものすごく悪くなってしまいます。

 

睡眠中の乾燥に注意

 

睡眠中に皮膚が乾燥した状態になってしまわないよう、気をつけましょう。
クーラーや暖房を付けっぱなしで寝てしまう人は、特に対策が必要です。

 

加湿器や、お湯を張った洗面器を枕元に置いておくなどして、
部屋の中の湿度を保つ工夫を!