大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

タバコ(喫煙)は大人ニキビの原因なので控えること

最近ではタバコの値上げなど、禁煙ムードも高まりつつありますね。
嫌煙家の人にとっては嬉しい一方で、愛煙家には肩身の狭い状況かもしれません。

 

タバコがお肌の大敵だということはよく知られていますが、
当然、大人ニキビの原因の1つにもなっています。

 

ニキビ対策を考えるなら、ぜひとも禁煙をオススメしたいところ。
完全禁煙がむずかしい場合でも、ニキビができている間はやめる・節煙するなど
喫煙の量を減らしてみる必要があるでしょう。

 

タバコをやめた途端、大人ニキビがぷっつりと無くなったという人もいるようです。
あなたのニキビは、もしかしたらタバコが原因なのかもしれませんよ。

 

タバコのダメージはいろいろ

 

タバコを吸ってニコチンとタールを摂取することで、
人体にはいろいろな影響があります。

 

「喫煙は百害あって一利なし」とも言われるように、
そのほとんどは体にとってダメージになります。
また、喫煙は習慣化しやすいため、
ダメージが長年にわたって蓄積されてしまうのも怖いところ。

 

タバコがお肌に与える害について、よく知っておきましょう。

 

ビタミンCを破壊する

 

タバコに含まれるニコチンは、体内に吸収されるとビタミンCを破壊してしまいます。
お肌のターンオーバーを低下させるのはもちろんのこと、
メラニン色素の沈着が増えてしまってシミ・ソバカスの原因になることも。

 

血行を低下させる

 

タバコを吸ってニコチンを体内に吸収すると、
一時的に血管が拡張して、血流が早くなります。
ただし、それは一時的なもので、すぐまたもとの状態に戻ります。

 

その状態を繰り返していると、次第に血流が悪化して、
全身の血行が悪くなってしまう、というデータがあるようです。

 

毛穴の広がり、詰まり

 

習慣的にタバコを吸っていると、肌の毛穴が広がります。
そのため、顔のシワやたるみの原因に繋がることも多いようです。

 

活性酸素を発生させる

 

ニコチンおよびタールの摂取は、体内に活性酸素を発生させます。
これは細胞の老化を早め、老廃物を溜まりやすくする作用があります。
また、すでにニキビができている状態では、
患部に炎症を起こす原因になってしまうことも。