大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

女性よりも男性の方が、思春期ニキビが重症化しやすいので注意

10代から20歳くらいまでにできるニキビは、
いわゆる「思春期ニキビ」と呼ばれ、大人ニキビとはちょっと違うもの。

 

皮脂の分泌が活発になる年齢なので、
どうしてもニキビができやすくなってしまいますが、治りやすいのも特徴。

 

しっかり皮脂の処理をして、清潔にケアしていれば
それほど悪化させずに済むことが多いと思います。

 

ただし、男性の場合は女性にくらべると
思春期ニキビを重症化させてしまう可能性が高くなります。

 

男性の思春期ニキビが悪化する原因

 

成長速度の違い

 

10代の思春期は、体全体が成長し続けている時期です。
ですが、男性と女性ではその成長速度に大きな差があるもの。

 

日本人男女の平均身長データをみると、面白いことが分かります。

 

0歳〜9歳くらいまでの幼児期は、男女の身長にほとんど差はありません。
ところが10歳〜12歳になると、女の子の方が平均身長が上になります。
そして13歳以降は、男の子の身長が急激に伸び始め、
女子の身長を抜き去ってどんどん成長し始めるのです。

 

思春期の時期は、特に男性にとって急激な成長期だということですね。

 

ところが、体全体がうまく均一に成長していくかというと、
これがそうでもないのです。

 

骨の成長に筋肉が追いつかない成長痛などの例があるように、
急激な成長に部分部分が間に合わない、ということがあるんです。

 

特に、皮膚の毛穴の成長は遅れぎみ。
汗の量に対して毛穴の成長が追いつかず、毛穴が詰まりやすいので
慢性的なニキビになりやすいというワケです。

 

汗の量の違い

 

スポーツなどで汗をかく機会も、女性より男性の方が多いのではないでしょうか。
頻繁に汗をかき、皮脂の分泌も活発になるため
ニキビ菌(アクネ菌)にとっては繁殖しやすい環境になっていると言えます。

 

肌のケア意識の差

 

女の子は思春期から美容に対する意識が高いもの。
ダイエットやメイク、お肌のケアに対しても男の子よりはずっと敏感です。

 

逆に思春期の男性は、汗をかいてもほったらかし、
こまめにお肌のケアを気にするタイプの人は少ないはず。
どうしても皮膚や毛穴に汚れが溜まりやすく、ニキビの原因になっているようですね。

 

男女ともにこまめなニキビケアが大切

 

思春期のニキビは、誰にでもできるもの。
だからといって、そのままにして放っておいてしまえば、
重症化して一生残るようなニキビ跡ができてしまうことだってあります。

 

男性、女性を問わず、思春期ニキビだからと軽く見ないで
いつもお肌を清潔に保っておくことが大切なんですね。