大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

背中ニキビは香りの強い柔軟剤が原因で悪化するので注意

顔のニキビとは違って目に見えないため、気が付いたときには悪化していることが多い背中ニキビ。背中の大きく開いたドレスや水着を着たときに他人からよく見える場所なので、普段から気を付けてケアしたいものです。

 

背中ニキビの原因は、肌の乾燥や睡眠不足、疲労、ストレスです。そして、香りの強い柔軟剤も、背中ニキビを悪化させる大きな原因です。その理由や背中ニキビを悪化させない方法について、詳しく見ていきましょう。

 

なぜ柔軟剤が背中ニキビの原因になるのか?

 

最近の柔軟剤は香りの種類が豊富で、洗濯後も良い香りがずっと続くような強い香りのものも多くあります。柔軟剤は洗濯物を柔らかくし、肌触りを良くしてくれる優れモノですが、その一方で背中のニキビが悪化したといったケースも多くみられます。

 

なぜ強い香りの柔軟剤が、背中ニキビの悪化を招くのでしょうか?

 

実は「陽イオン界面活性剤」と「合成香料」が肌には超刺激物!

 

衣類を柔らかくする理由は、柔軟剤に陽イオン界面活性剤という成分が入っているからです。柔軟剤は洗濯の最後に入れるので、衣類を陽イオンでコーティングすることになります。また、いつまでも香りが続くのは、石油系の合成香料を原料に使っているからです。しかし、これら陽イオン界面活性剤と合成香料は、肌への刺激がとても強いです。

 

「陽イオン界面活性剤」と「合成香料」で背中ニキビが悪化する理由

 

陽イオン界面活性剤は、衣類の吸水性を低下させます。そのため、背中に汗をかいても吸水されずにそのまま肌に残ってしまいます。そうすると汗の成分である皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こす原因になります。

 

さらに汗の中の雑菌も、ニキビの原因菌であるアクネ菌を増殖させるため、背中ニキビが悪化します。また、強い香りの元である合成香料も肌への刺激になり、過度に使用すると背中ニキビをより悪化させてしまうのです。背中ニキビの悪化を防ぐには、柔軟剤の使用を控えることが大切です。

 

クエン酸を利用して肌を守ろう

 

背中ニキビは治したいけど、柔軟剤も使いたい!そう思う人も多いでしょう。家族全員が柔軟剤を使っているのに自分だけ使わずに洗濯するのは現実的ではないし、柔軟剤を使用したフワフワな衣類がお気に入りなら、なおさらです。

 

どうしてもゴワゴワした洗濯物に満足できない場合は、柔軟剤としてクエン酸を利用しましょう。洗濯用洗剤はアルカリ性なので、クエン酸を洗濯の最後に入れることで中和され、繊維同士の絡まりを防ぐことができます。40〜50リットルの水に小さじ1杯くらいを目安に使いましょう。

 

クエン酸は最近では掃除用洗剤としても注目されているので、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入れることができます。すぐに手に入らない場合は、食用酢でも代用できます。40〜50リットルの水に大さじ3杯くらいが目安です。

 

クエン酸や食用酢をたくさん入れすぎると、水が酸性になって洗濯機がサビる原因になるので、注意しましょう。

 

石けん洗剤にチェンジしてニキビ対策をしよう

 

背中ニキビを悪化させない対策として、洗濯洗剤を見直すこともおすすめです。市販されている洗濯洗剤の多くは、合成界面活性剤と呼ばれる石油系成分からできています。合成界面活性剤の洗浄力は高いですが、すすぎや乾燥したあとも衣類に残りやすい成分です。

 

この衣類に残った成分が肌に触れると、バリア機能の役割を果たしている肌のタンパク質を溶かすため、肌は乾燥し弱ってしまいます。特に背中は衣類と直接接しているので、その摩擦という刺激も加わって、背中ニキビができやすくなります。

 

あなたが現在使っている洗濯洗剤が石油系のものならば、肌に優しい石けん洗剤に変えてみましょう。

 

刺激の少ない石けん洗剤にチェンジ!

 

石けん洗剤は洗浄力が高く、肌への刺激が少ない洗濯洗剤です。「天然界面活性剤」と呼ばれることもあります。また、衣類の素材にダメージを与えない優しい成分なので、柔軟剤を使用しなくても衣類を柔らかく仕上げることができます。

 

石けん洗剤の主な成分は次のようなものです。

 

  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム
  • 石けん素地

 

石けん洗剤には固形、粉末、液体の3種類があります。洗浄力が一番高いのは固形タイプですが、洗濯機で使用する場合には事前におろし金で細かくしておくという手間がかかるので、部分洗いなどの使用に適しています。

 

粉末タイプも事前にお湯で溶かしておく必要がありますが、粉石けん用のネットを利用すると、それほど手間がかかりません。液体タイプが一番使いやすいですが、固形、粉末タイプに比べて洗浄力が落ちます。あまり汚れが落ちていないなと感じるときには、炭酸ソーダなどのアルカリ剤と一緒に使用することをおすすめします。

 

石けん洗剤は、財布に優しいニキビ対策

 

さらに石けん洗剤は、財布にも優しいというメリットがあります。単純に合成洗剤と石けん洗剤の値段を比較してみると、合成洗剤は1kgで300円ほど、石けん洗剤は1kgで600円ほどなので、石けん洗剤のほうが、価格は2倍高くなります。

 

しかし、石けん洗剤には基本的に柔軟剤が必要ありません!どうしても仕上がりが物足りない場合は、柔軟剤としてクエン酸や食用酢を使用すれば良いので、市販の柔軟剤よりも安価で済みます。

 

また、石けん洗剤は衣類にダメージを与えないので、ウールやセーターなど何でも洗うことができます。つまり、衣類によって洗剤を何種類も購入する必要がありません。石けん洗剤1つで良いというのは、他の洗剤や柔軟剤を買い足すよりもかなり経済的といえます。

 

 

このように柔軟剤の使用を止めて、合成洗剤から石けん洗剤に変えることは、背中ニキビにも財布にも優しく、エコにもなります。自分の洗濯の方法を見直して、ニキビ知らずのキレイな背中を手に入れましょう。