大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビと生理の関係。生理前にニキビが増えるのはなぜ?

女性の場合、生理前になるとニキビが増えてしまうという人も多いと思います。

 

普段の大人ニキビに比べると、
ニキビの患部が大きかったり炎症を起こしていることもあるので、
普段より悪化しがちなのも困ったところです。

 

生理前のニキビを完全にシャットアウトするのは難しいことも多いですが、
対処法を知っていれば、比較的軽い症状で済ませられますよ。

 

生理前にニキビが増える理由

 

排卵期から次の生理までの10日〜2週間の期間は、黄体期と呼ばれます。
これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になる時期だからです。

 

この黄体ホルモンの量が多くなると、
皮脂の分泌量が増え始めるので、どうしても角質に皮脂や角栓が溜まってしまい
ニキビになりやすい皮膚の状態ができあがってしまいます。

 

普段よりも皮脂の量が多いため、赤みの強い大きなニキビができやすいようです。

 

対処法は?

 

主な原因がホルモンの分泌に関係することなので、
完全に原因を取り除くことは難しいですが、
毎日のケア次第で症状を抑えることができます。

 

  • 洗顔をいつもより念入りにして、皮脂をしっかり除去する
  • 食事は油脂分の強いものを避ける

 

ニキビの症状が出はじめてからあわててケアするのではなく、
生理のサイクルをしっかり把握して、早めにニキビ対策を始めておくのがいいでしょう。

 

症状が重い場合は投薬で

 

生理前の大人ニキビがいつも重症化してしまう、という人の場合
皮膚科で女性ホルモン剤を処方してくれることもあります。

 

  • メサルモンF
  • ジオール
  • 低用量ピル

 

などが使われることが多いようです。

 

ただし、薬は体質によって合う合わないの差も大きいもの。
逆に体調を崩してしまう、ニキビが悪化するなどのケースもまれに見られます。
自分にその薬が合うのかどうかは、慎重に判断したいところです。

 

少しでも体の不調を感じたときは、とりあえず使用をやめてみて
皮膚科の先生に相談してみるのがいいでしょう。

 

薬を使いたくない場合

 

ホルモン剤はできるだけ使いたくないという場合や、
妊娠中などデリケートな状況の場合は、
漢方薬や各種ハーブなどを試してみることで症状が改善することもあります。

 

漢方では「十味敗毒湯」「黄連解毒湯」などがよく使われます。
ハーブでは「イブニングプリムローズ」などがオススメです。
サプリメントとして市販されているので、一度試してみてはいかがでしょう。