大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

毛穴の角栓は大人ニキビの原因になるので注意

鼻やTゾーンに角栓が多くて困っている、という人も多いと思います。

 

角栓は、新しく作られるハズの角質が皮脂や化粧品の油分で酸化し、固まったもの。
コルク栓のように、毛穴にぴったりフタをした状態なので
大人ニキビができてしまう大きな原因の1つです。

 

角栓を増やさないための予防法と、
できてしまった時の対処法をしっかりおさえておきましょう。

 

角栓は取った方がいい? 取らない方がいい?

 

角栓を取るためのキットや化粧品のセットもたくさん販売されていますね。
実際に使用してみると、予想以上に角栓がポロポロと取れてきて
気持ちいいような、びっくりするような気分になることもあります。

 

そうかと思うと、人によっては角栓は取らない方がいいという意見もあります。

 

皮膚の角栓は取った方がいいのか?
取ってはいけないのか?
どちらだと思いますか?

 

習慣的に「角栓取り」をし過ぎるのはNG

 

答えは、
「たまに取るならいいが、日常的にやり過ぎると逆効果」のようです。

 

角栓というのは、
新しく生まれたばかりの未熟な角質が、
皮脂や化粧品と反応して凝固してしまったもの。

 

これを頻繁に除去し過ぎてしまうと、
毛穴まわりの角質が、常に成長しきらない未熟な状態になってしまい、
結果として角栓ができやすくなってしまうことが多いのです。

 

大きく育って毛穴をふさいでいる角栓をたまに取り除くのは効果的ですが、
やり過ぎると逆効果、ということですね。

 

洗顔やお肌のケア中に自然に剥がれ落ちる分については問題ないですが
無理に取ろうとする必要はないと思いますよ。

 

角栓予防には毛穴を広げること

 

できてしまった角栓を取るよりも、
角栓のできにくい肌を作ることが大切です。

 

角栓の生成には、皮脂や化粧汚れなどの油分が大きく関わってきます。
なので、まずは皮膚に余分な油脂分を溜めないこと。

 

毛穴の中は、どうしても皮脂や落としきれなかったメイクが残りやすいので
しっかり毛穴を広げて洗顔するようにしてみてください。

 

  • 洗顔前に蒸しタオルで肌を温めておく
  • 半身浴で体の内側から温める
  • ラップマスクなども効果的
  • 洗顔と同時に顔のマッサージも

 

クレンジングクリームやオイルを使ったマッサージでは、
角質が「取れすぎてしまう」ということもあるので、無理にやり過ぎないように。