大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

日焼け(紫外線)も間接的に大人ニキビの原因となるので注意

夏場など、紫外線対策に気をつけている人も多いと思います。

 

紫外線は皮膚組織を破壊して、肌荒れや老化の原因になるもの。
お肌の状態が悪くなると、回り回ってニキビの原因にも繋がります。

 

また、若い頃に肌をよく焼いていた人などは
歳を取ってからもそのダメージを引きずってしまう場合だってあるのです。

 

紫外線は、人体にとってかなり強い刺激になります。
日頃からのUV対策が肝心、ということですね。

 

紫外線が肌を痛める理由

 

角栓ができやすくなる

 

強い紫外線を浴びると、皮脂は酸化していきます。
毛穴に詰まった皮脂の酸化は、角栓ができてしまう大きな原因。
オイリー肌の人や、生理前で皮脂の分泌が盛んになっている時期は
特に気をつけた方がいいでしょう。

 

角質が厚くなる

 

紫外線は、細胞の組織を破壊してしまう強い刺激。
皮膚はその刺激を防御しようとして、
角質を厚くすることで対応しようとします。

 

紫外線で肌がカサカサになる、というのは
角質が厚くなって、水分量が足りなくなっている状態なのです。

 

肌のバリア機能が低下する

 

強い紫外線を受けて皮膚の細胞組織が乱れ始めると、
ターンオーバー(代謝機能)も低下してしまいます。

 

新しい細胞を作り、古くなった細胞や老廃物を排出するサイクルが遅くなるので、
外からの刺激やダメージに弱くなっている状態です。
つまり、お肌のバリア機能が低下してしまう、ということ。

 

バリア機能が弱くなった肌は、
ダニや活性酸素などの刺激に対応できなくなり、
大人ニキビが増えてしまうことに繋がります。

 

色素沈着が増える

 

簡単に言えば、シミ・そばかすのこと。
紫外線とメラニン色素が反応して、黒い色が皮膚に沈着してしまいます。

 

特に、ニキビ跡が黒ずんでしまって落ちないことが多いようです。

 

冬場の紫外線にも注意

 

紫外線は夏場だけのもの、と思っていませんか?

 

実は冬場の紫外線も、私たちの感覚よりはずっと強いもの。
真夏に比べると、最大で1/3ほどの紫外線量になる日もあります。

 

紫外線は目に見えない波長の光なので、
日差し自体は強くないように思っても、紫外線量は少なくないことが多いのです。

 

夏場のように、UVケア化粧品を厚めに使うのは
逆に肌の負担になることも多いので、そこまで気にしすぎる必要はないですが
屋外に出ている時間が長いような時は、
日よけなどの対策をした方がいいかもしれませんね。