大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

大人ニキビがある人は油分の多いファンデーションは控えよう

角質と毛穴に直接触れるファンデーションには気をつけて。

 

油分の多いファンデーションを使っていると、
ニキビ菌(アクネ菌)の繁殖を助けてしまう可能性があるんです。

 

  • 顔に大人ニキビができやすい
  • なかなか治らない
  • 治ってもすぐ再発してしまう

 

という人は、このパターンにはまってしまっている可能性大。
一度、ファンデーションを変えて様子をみてみるのがいいかもしれません。

 

油分はニキビ菌の大好物

 

ニキビ菌(アクネ菌)は、主に皮脂を栄養にしています。
また、皮膚から分泌された脂だけではなく、
化粧品に含まれる油分も、同じように栄養にして繁殖してしまうもの。

 

特に、ファンデーションには基本的に多くの油分が入っています。

 

  • 肌にしっとり馴染むようにする
  • 表面を均一にして、すべすべに見せる
  • ツヤを出して肌の質感を良くする

 

などいろいろな理由があるので、油分はどうしても欠かせないんですね。

 

「肌によく馴染む」タイプのものほど、
油分が多めになっている可能性もあるので注意が必要です。

 

パウダータイプのファンデーションでも、やはりある程度は油分がありますから
付けすぎ・塗り過ぎはできるだけ避けましょう。

 

ニキビ患部を刺激しないように

 

大人ニキビができてしまっている状態では、
ファンデーションを塗るときの刺激も悪影響があります。

 

特に患部が突起状になっているときは、できるだけ刺激しないことが鉄則です。

 

どうしてもファンデーションを使いたいなら、ポイントメイク程度に。
パウダーファンデーションで軽く押さえるくらいにしておきましょう。

 

UVファンデーションも塗り過ぎ注意

 

夏場は紫外線対策も気になりますよね。
UVケア用のファンデーションをついつい厚くしがちですが、
「UVファンデーションだから安心!」とは言い切れないのが難しいところ。

 

ファンデーションに含まれる油分は、紫外線に当たると酸化してしまうものが多く、
その刺激が角質を固くさせてしまうリスクがあるんです。

 

もちろん、塗り過ぎが大人ニキビのリスクを高めてしまうのは言うまでもありません。

 

UVファンデーションだから、と過信しすぎるのはNG。
日傘やつばのついた帽子など、
直接日差しをシャットアウトできるアイテムを用意しておくのが安心ですね。