大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

偏った栄養バランスや偏食が大人ニキビの原因になる

食事のバランスは、お肌の健康にとって非常に大事な要素です。

 

  • 好き嫌いが激しい
  • いつも同じモノばかり食べている
  • お菓子などの間食が多い

 

こんな食生活が続くと、知らず知らずのうちに皮膚の「体力」は落ちているもの。
肌荒れや乾燥肌、オイリー肌になってしまうと、
ニキビのできやすい肌質が作られてしまうのです。

 

また乱れた食生活で便秘になってしまったりすると
それが原因でニキビを悪化させてしまうことも多いですね。

 

一人暮らしでなかなか自炊の時間が取れなかったり、
外食や調理品の食事が多くなってしまうタイプの人は、黄信号。

 

ニキビができて困る前に一度、あなたの食生活を見直してみましょう。

 

お肌に必要なビタミン類

 

ビタミンA

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常な状態に保っておくはたらきがあります。
ビタミンAが不足すると、皮膚がカサカサしたりザラついたりしてきます。
角質が固くなってしまうので、ニキビ菌が繁殖しやすい状態です。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2は、細胞や粘膜の再生を助けるはたらきがあります。
特に、粘膜の保護にとって大事な栄養素。
ビタミンB2が不足すると、口内炎になったり目が充血してきたりと
症状は比較的早く現れます。

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6は、タンパク質や脂質の代謝を助けるはたらきをします。
不足してくると、細胞のターンオーバー(新陳代謝)が低下するので
古い角質や皮脂が溜まりやすく、皮膚の老化も進んでしまいます。

 

ビタミンC

 

ビタミンCは皮膚や粘膜を強くします。
コラーゲンの生成にも影響するので、ハリのある強い皮膚を作るのに必要不可欠な栄養素です。

 

また、メラニン色素の発生を抑えるはたらきもあり、
シミ・ソバカスの抑制に高い効果が期待できます。

 

ビタミンE

 

ビタミンEには血行を良くしてターンオーバーを助ける効果があります。
冷え性や肩こりなどで悩んでいる人は、慢性的なビタミンE不足の可能性も。

 

糖分・脂肪分は摂りすぎ注意

 

余分に摂取した栄養は、人間の体の中で主に脂肪になって蓄えられます。
なので、脂肪分の摂りすぎには要注意!
自然と皮脂の分泌が盛んになるので、ニキビができやすい状態になります。

 

また、糖分を摂りすぎた場合も脂肪に変換されるので、
脂質の摂りすぎと同じことになってしまいます。

 

糖質・脂質の多い洋菓子などは、かなりキケン。
「ホワイトデーの翌日はニキビが増える」というのも、
ただの迷信ではないというワケですね。