大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビ跡が赤黒っぽくシミになるのは何が原因?

「ニキビ跡がシミになって困っている」人も多いと思います。

 

シミ(色素沈着)にはいくつかのケースがあり、
黒ずんで見える場合、赤みがかっている場合、紫色に見える場合など
状況によっていろいろです。

 

こんなふうにシミの状態が違ってくるのは、
「メラニン色素」と「ヘモグロビン」の関係によるもの。

 

あなたのシミの状態を把握して、効果的にケアしていきましょう。

 

シミの原因はメラニン&ヘモグロビン

 

ニキビ跡がシミになるのは、主にメラニン色素の沈着によるもの。
ですが、このときのヘモグロビンの作用によって、
色味が変わってくることも少なくないのです。

 

ニキビの炎症が治まって治りかけの状態、
つまりニキビ跡の初期段階では、ヘモグロビンが多く作用するので
赤黒い色や、暗い紫色がかったシミに見えることが多いでしょう。

 

そこからしばらく時間が経つと、
ヘモグロビンの影響が弱まってメラニン色素の色味が強く出はじめます。
茶色っぽかったり、黒に近い感じのシミになります。

 

色素沈着が起こりにくい肌に!

 

ヘモグロビンの影響は時間が立つと弱くなるので、
基本的なシミ対策としては、メラニン色素のケアをしっかりと。

 

メラニン色素が皮膚に沈着してしまうのは、

 

  • メラニンの生成量が多すぎる
  • 代謝機能が低下して、メラニンを排出しきれない

 

この2つが原因です。
なので、直接メラニンを除去するケアに加えて、
「メラニンが出来にくくする」
「代謝機能(ターンオーバー)を高める」
というアプローチも必要になってきます。

 

メラニンを除去するケア

 

美白化粧品などをつかって、直接メラニンを薄くすることができます。
しっかり美白成分がニキビ跡に浸透するものを選びましょう。

 

メラニンの生成を抑えるケア

 

コウジ酸、プラセンタ、ルシノール、甘草エキスなどは
メラニンの生成を元から抑制するはたらきの高い成分です。

 

また、ビタミンCやビタミンEなど抗酸化作用のある栄養素も、
メラニンの発生を少なくしてくれるので、結果的な美白効果に繋がります。

 

ターンオーバーを高めるケア

 

肌の再生力と新陳代謝を高めることで、
余分なメラニンを皮膚の外に排出させましょう。

 

ターンオーバーの向上には、

 

  • 肌の保湿
  • 規則正しい睡眠時間
  • ビタミン群の摂取

 

が特に大切になってきます。