大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビ跡の色素沈着(赤、黒、紫など)を消す方法

ニキビ跡がシミになって残ってしまうこともあります。

 

いわゆる色素沈着と呼ばれるもので、
黒っぽいシミだけではなく、赤みがかって見えたり紫色になって残ることも。

 

シミを消して元通りの肌にするには、時間がかかるので
できればシミが出来る前にニキビを治しておきたいですね。

 

ニキビ跡の色素沈着ができる原因

 

ニキビ跡がシミになってしまうのは、メラニン色素が皮膚組織に沈着してしまうから。
メラニンは、表皮の下にあるメラノサイト(色素細胞)と呼ばれる場所で生成されています。

 

炎症を起こしている部分の皮膚では、
このメラノサイトのはたらきが活発になっているので、メラニンの生成量も増え始めます。
そのため、どうしても皮膚にメラニンが残ってしまい、
黒っぽくシミになって残るというワケです。

 

炎症を起こして赤ニキビの状態になる前までなら、
シミが残る可能性は少ないです。
また、炎症になってしまっても、悪化する前に初期段階で治しておけば
同じく、色素沈着を起こすケースは少ないようです。

 

大人ニキビの症状が進行すればするほど、
完治まで時間がかかる根の深いシミになってしまうので、
とにかく早期のケアが一番の対策になります。

 

メラニンは悪者ではない?

 

シミの原因としてとにかく悪者扱いされてしまうメラニンですが、
本来は皮膚を外界の刺激から守ってくれるバリアのようなもの。
お肌にとっては、なくてはならない成分なのです。

 

紫外線や炎症などによって皮膚がダメージを受けると、
なんとかしてダメージを表皮までで食い止めようとして、
表皮にメラニンがバリアを作ります。

 

もしメラニンのはたらきがなかったら、
人間の皮膚は紫外線のダメージで崩壊してしまい、
皮膚がんにかかる可能性もずっと高くなってしまいます。

 

バリアの役目を終えたメラニンは、本来であればすぐ皮膚の外へ排出されます。
ですが、皮膚のダメージが大きかったときなど、
ついつい余分なメラニンを作りすぎてしまったり(日焼け跡など)、
または代謝機能が落ちているせいでメラニンの排出が間に合わなかったりすると
そのまま皮膚に留まって、色素沈着になってしまうのです。

 

ニキビ跡の色素沈着を消す方法

 

  • 炎症をできるだけ早く治す
  • ビタミンCの摂取
  • (メラニンの抑制とターンオーバーに効果が高い)

  • ビタミンEの摂取
  • (抗酸化作用で色素沈着しにくくする)

 

などの基本的ケアに加えて、
美白効果のある化粧品で直接メラニンを消すのも有効です。

 

美白効果の点で、もっとも高い効果が実証されているのが
ハイドロキノンと呼ばれる成分。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品にもいろいろ種類がありますが、
ビーグレン(b.glen)のホワイトクリームEXなどが定番です。

 

ハイドロキノンを独自のナノ技術で皮膚の奧まで浸透させるので
「効きが早い」ことで高い評価を受けています。
とにかく早くシミを消したい、という人にはかなりオススメです。