大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

ニキビ跡を隠すにはどうすればいい?お化粧は大丈夫?

なかなか治らないニキビ跡。
「メイクで上手に隠したい!」という人も多いのではないでしょうか。

 

ニキビ跡が凹凸になっている場合は、メイクのノリも悪くなかなか大変です。
かといって、無理に隠そうと厚いメイクをしてしまうと、
ニキビ跡の回復に悪影響になってしまうこともしばしばです。

 

ニキビの跡というのは、いわば「治りかけ」の状態。
元通りになるまで、根気よくニキビケアを続けていく必要があります。
なので、刺激の強いメイクやファンデーションの厚塗りは
できるだけ避けた方がいいと思います。

 

一時的にニキビを隠そうと思って、結果長引かせてしまっては損ですよね。
長期的なニキビケアを考えながら、
あなたに合ったメイクを工夫してみましょう。

 

ニキビ跡が目立たないメイク術

 

ファンデーションの使いすぎは逆にニキビが目立つ?

 

カバー力の高いファンデーションなどで
肌全体をなめらかに見せようとすると、
逆にニキビ跡の凹凸が強調されてしまって、目立ってしまうパターンもあります。

 

むしろファンデーションは薄めにして、地肌の質感を出しておいた方が、
結果的にニキビが目立たなくなることも多いですよ!

 

それと、できるだけ油脂分の少ない製品を選ぶのもポイント。
お肌のツヤツヤ感が強く出るほど、陰影もくっきり出てくるので
ニキビ跡が浮き上がってしまうことが多そうです。

 

油の強い化粧品は、ニキビケアの面でもあまり良くないので
オイルフリーや天然素材のものなど、刺激の低い製品を選びましょう。

 

アイメイクを強めにして視線を逸らせる

 

アイメイクを強めに仕上げておくと、
他の人から見たときに、視線は印象の強い目元に集中します。
その結果、他の場所のニキビが目立たなくなる、という効果があります。

 

「ニキビ自体を隠すのではなく、他の部分をもっと目立たせる」
というメイク術ですね。

 

目から遠い場所のニキビであるほど効果が高いので、
あごやフェイスラインにできたニキビの場合はぜひ試してみてください。

 

クレンジングは軽めに済ませる

 

メイク汚れは毛穴の詰まりに繋がるので、しっかり落としておきたいのですが、
あまり念入りにやりすぎても良くありません。

 

  • クレンジングシートは使わない
  • 薄めのメイクなら、ダブル洗顔せずに一度で済ませる
  • できればノンオイルクレンジングを

 

理想は、ダブル洗顔をしないで済むくらいの軽めのメイクにしておくこと。
ポイントメイクなどを活用して「ニキビメイク」の上級者になりましょう。