大人ニキビをキレイに治す!くり返さない【ニキビケアカルテ】

頭皮 おでこ あご 口の周り 背中 おしり

無理やりニキビを潰すと、患部が凹んでニキビ跡のクレーターが残る

ニキビができてしまったときに、
指などで無理やり潰すのは絶対にダメ。

 

  • よけいに治りが遅くなる
  • ニキビ菌以外の常在菌、雑菌が繁殖することがある

 

などのデメリットの他に、

 

  • かなりの確率で大きなニキビ跡が残ってしまう

 

ということも多いからです。

 

「目立つ場所のニキビだから、はやく無くしてしまいたい」
と思う気持ちをぐっと抑えてガマンしましょう。

 

地道に毎日のケアを続けていくのが、一番の近道です。

 

ニキビを潰すと皮膚が欠けてしまう

 

ニキビを潰してしまうと、皮膚の一部が失われて欠けた状態になってしまいます。

 

ニキビの患部は、皮脂の固まりや角栓、膿などが溜まっていて
そのまわりの皮膚細胞は、傷ついてとてももろくなっている状態です。
ニキビを潰そうとすると、弱った皮膚組織まで一緒に潰してしまうのです。

 

その部分の組織は、再生するまでの間は無くなっている状態なので、
凸凹やクレーター状になってしまいます。

 

特に、赤ニキビや黄ニキビまで進行した状態は、要警戒。
このときに皮膚組織を破壊してしまうと、取り返しの付かないダメージになりかねません。

 

  • 指で挟んで潰す
  • 爪を押しつけて傷付ける
  • こすって患部の突起を剥がす

 

などは絶対に厳禁。
皮脂の固まりや膿がどうしても気になる場合は、皮膚科で取ってもらいましょう。

 

皮膚科でニキビを治療する場合

 

皮膚科の治療では、ピンセットや特殊な器具を使って
ニキビの芯を取り除いてくれます。

 

この「面ぽう摘出」は保険適用内の治療です。
自分で潰してしまうくらいなら、ちゃんと皮膚科で処置してもらいましょう。

 

ただし、ニキビの芯を摘出できるのは、
基本的には白ニキビ、黒ニキビの段階まで。
炎症を起こしている赤ニキビや、化膿した黄ニキビの状態では
塗り薬と内服薬で対応することになります。

 

保険外診療としては、

 

  • ケミカルピーリング
  • レーザー治療
  • 美容点滴、注射(ヒアルロン酸など)
  • イオン導入

 

などがありますが、これは症状がかなり悪化して場合に
ニキビ跡をケアするための治療です。

 

初期段階のニキビであれば、毎日の洗顔と保湿で十分直せますから
うっかり潰したりしないように気をつけながら、
根気よくケアを続けてみましょう。